【ラストマン相関図】第7話ネタバレ考察!皆実の元ワイフ登場でゲスな離婚原因も暴露!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ラストマン第7話

2023年6月4日放送のドラマ「ラストマン」第7話では、高齢者の白骨遺体が発見され、歳の離れた妻が疑われるという事件が起こりました。

容疑者として浮上した、被害者の妻・葛西亜理紗を「好きになった」という皆実。 皆実の鋭いカンも恋によって狂ってしまうのでしょうか?

しかも、皆実の元妻も出てくる!波乱の予感!

今回の記事では、ラストマン7話のあらすじとネタバレをまとめました。 また、キャストの相関図やゲスト出演者についてもわかりやすく掲載。 7話放送後の考察と感想も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

【ラストマン】第7話のネタバレ・あらすじ

ラストマン 皆実(福山雅治)の写真
ラストマン 第7話

ラストマン 第7話のネタバレ
葛西征四郎と思われていた白骨遺体は亜理紗の前夫の亀島。
亜理紗は歯科医に協力させ、亀島の歯の治療痕を偽造。
亀島を殺害したのは征四郎で、征四郎は美容整形で姿を変え、秘書の日高としてずっと亜理紗のそばにいた。

ラストマン 第7話の3行あらすじ
資産家老人の白骨遺体が海で発見され、妻が疑われる。
彼女はアメリカ大使館のスパイの可能性もある。
しかし皆実は「(私が好きになったから)彼女は犯人ではない」と断言する。

【相関図】第7話のあらすじとゲストを詳しく紹介

ラストマン第7話のゲスト出演者
ラストマン 第7話ゲスト

放送日:2023年6月4日

サブタイトル:大切なひと

ゲスト:岡本多緒、赤堀雅秋、小林勝也、脇知弘

第7話のあらすじ

ラストマンの相関図
ラストマン 相関図

6月4日放送のラストマン第7話のあらすじです。

皆実(福山雅治)心太朗(大泉洋)を伴い、両親の墓参りをしていた。

同じ頃、ふ頭で白骨化した老人の遺体が発見され、佐久良(吉田羊)班が臨場する。遺体は3年前から行方不明の資産家の老人。そして、容疑者として浮上したのが、40歳差の妻・葛西亜理紗だった。しかも、彼女は以前も歳の離れた男性と結婚しており、離婚後に相手男性は失踪していた。加えて、亜理紗はアメリカの大使館からスパイの可能性があると疑われていた。

さっそく皆実たちは亜理紗に事情を聞きに行くが、そこで皆実は予想外な反応をする。亜理紗に好意を持ってしまうのだ。そして「彼女は犯人ではない」と断言する。

はたして、事件を解決に導くことはできるのか──?

TBS ラストマン公式サイトより

吾妻(今田美桜)さんは40歳差の結婚について「アリ」と言っていましたが、はやり怪しいですよね。

どんな背景があるのでしょうか?

【事件相関図】第7話ネタバレ

ラストマン第7話 事件相関図
ラストマン第7話 事件相関図

海に沈んだ車が引き上げられ、中から白骨遺体が発見されます。

死後3、4年経過しており、60代の男性であるということ。

捜査陣は、遺体は捜索願の出されている葛西征四郎(小林勝也)ではないかと推測します。

早くから疑われたのは征四郎の妻・亜理紗(岡本多緒)。

皆実の元妻でありアメリカ大使館参事官のデボラジーン・ホンゴウ(木村多江)によると、亜理紗にはアメリカ大使館書記官をハニートラップにかけた

第三国のスパイ容疑

もかかっているとのこと!

また、亜理紗の前の夫も失踪していることもあり、「典型的な後妻業の女」なのではと疑われます。

皆実と心太朗は、デボラから亜理紗が正体を暴くことを依頼されます。

葛西家を訪ねる皆実と心太朗を亜理紗の秘書・日高祐輔(赤堀雅秋)が案内します。

亜理紗に会った皆実は

「彼女は犯人ではありません」
「私が好きになったから(犯人ではない)」

と断言。

その後、歯の治療痕から白骨遺体は葛西征四郎であると断定されます。

車内にはブロックもあったことから征四郎を撲殺後、アクセルにブロックを踏ませ車ごと海に落とされたのではないか、予測されました。

犯行理由は

征四郎に金銭トラブルが発生し、玉の輿ではなくなったこと!

ではないかと警察は推測。

また亜理紗がクルーザーを借りていることも分かり、国外逃亡の可能性もあると警戒します。

皆実と心太朗は亜理紗を尾行しますが、ホテルの駐車場で

亜理紗が暴力団関係者・猫村大和(脇知弘)らに拉致される場面に遭遇。

皆実と心太朗が亜理紗を助けます。

彼らは白骨遺体は実は親分の亀島喜一(原田文明)で亜理紗に殺されたのではないかと思ったのでした。

捜査は進展、亜理紗が4年前ホームセンターでブロックを購入していたことも判明しました。

国外逃亡しようとして捕まった亜理紗は、亀島と征四郎の殺害を自供。

しかし、皆実と心太朗が「亜理紗は無実」と取調室に入ります。

実は、亜理紗は亀島のDVに苦しめられていました。そんな時に亜理紗を征四郎が介護士として雇います。

征四郎と亜理紗は惹かれ合い、結婚。

もちろん亀島はもちろんそれを許すはずがありません。

征四郎と亀島はもみ合いになり、亀島は頭を打って死んでしまったのです。

征四郎と亜理紗はは亀島を車に乗せ海に落としました。

亜理紗が歯科医に頼み、治療痕を偽造してもらっていました。

そして、征四郎は美容整形外科手術により姿を変え、秘書・日高としてずっと亜理紗のそばにいました。

皆実の指示により、日高の指紋と征四郎の指紋を調べたところ一致したのです。

ということで

真犯人は秘書・日高に姿を変えた葛西征四郎でした。

実は征四郎は亜理紗の愛を信じてはいませんでしたが、亜理紗は接見時に

本気で愛していた
年齢なんて関係ない

と征四郎に伝えました。

【過去事件相関図】41年前の事件のネタバレ

ラストマンの過去の事件と現在の予想相関図
ラストマン 過去事件と現在の予想相関図

皆実は、41年前の鎌田(津田健次郎)が皆実の両親(要潤・相武紗季)ともみ合い、その弾みで自分が階段から落ちた時のことを思い出します。

泉(永瀬廉)が41年前の事件資料を皆実に渡しに来ますが、引き出しにしまうところを心太朗に見られてしまいました。

第7話の事件の解決後、皆実がホテルのバーでデボラと飲んでいる間に、心太朗が部屋に。

そして心太朗は泉が引き出しに何かをしまったことを思い出し、41年前の捜査資料を読んでしまい、呆然とします。

そこへ皆実が帰ってきて雰囲気から資料を読まれたことを察します。

そして心太朗の

「あなたの両親は41年前の強盗放火殺人事件で殺された」
「その犯人は鎌田國士(くにお)、私の本当の父親なんですね」

という問いに、皆実は「はい」と答えました。

【恋愛相関図】皆実とデボラの離婚原因のネタバレ

ラストマンの恋愛模様
ラストマン 恋の相関図

皆実と心太朗が亡くなった皆実の両親の墓参りをしていると、デボラジーン・ホンゴウという女性が登場!

この人が皆実の元ワイフでした。

皆実とデボラの離婚は、皆実の浮気が原因でした。

ラスベガスである女性に一目ぼれし、ホテルのベッドで過ごしている時にデボラが来て見られてしまったそう。

皆実は

「目は見えないけど、ひとめぼれはできる」と心太朗に笑顔で説明。

しかし、これも皆実に対するハニートラップだったことが、ドラマの終盤デボラから説明されます。

そして皆実もハニートラップであったと後から気づいたようですが、デボラを傷つけたことには変わりない、として離婚を受け入れていたのでした。

また、この回は馬目(松尾諭)が佐久良(吉田羊)に告白しようとしたり、泉が吾妻をデートに誘おうしたり、と恋バナも多い回でした。

スポンサーリンク

【ラストマン】第7話の展開予想

ラストマン第7話の心太朗
ラストマン 第7話

高齢資産家の遺体発見で40歳の差婚の妻が疑われる、という事件。

彼女と過去に結婚した男性は失踪しており、アメリカ大使館からもスパイの可能性があると思われている、というかなり怪しい人物です。

しかし、皆実は

皆実「彼女は犯人ではありません

と言う!

でも、その理由が

皆実「お会いして好きになったからです

だなんて!そんなの理由になりますか!

彼女が犯人ではないなら誰が犯人なのでしょうか?

しかも、皆実の離婚した元妻まで出てくるということ?

めっちゃ楽しみ!!

そして、皆実が心太朗に

皆実「やはり隠し通すことは無理でしたか

と言っていました。

心太朗の父が皆実の両親を殺害したことを、心太朗に知られてしまったということでしょうか。

追記

実際に亜理紗は真犯人ではありませんでした。

しかもゴージャスな装いとは裏腹に、目の見えない皆実に対する亜理紗の配慮は素晴らしかったです。

あれで惚れてしまったのかも~。

スポンサーリンク

【ラストマン】第7話の放送後の考察

ラストマン 第7話
ラストマン 第7話

老人の白骨化遺体が発見されたけれど、実はその老人が犯人だったというこの事件。

老人が美容整形で別人になっていたということですが、おじいさんが中年男性になるような美容整形って実際あるんでしょうか?

葛西征四郎を演じた小林勝也さんは1943年生まれの80歳
日高を演じた赤堀雅秋さんは1971年生まれの51歳

顔は整形できても、身体は難しいと思います。

70歳なんて筋力も低下しますし、50代とは姿勢も全然違います

犯行トリックが全身整形なんて、アリ?

そういう点でちょっと無理があるなぁと感じました。

スポンサーリンク

【ラストマン】第7話の感想

ラストマン第7話の皆実と心太朗
ラストマン 第7話

第7話は皆実とデボラの関係が素敵でした。(皆実の浮気で離婚していたとしても!)

「あなただけは同情ではなく愛情でそばにいてくれた」

とデボラの愛に感謝していました。

いやいやそれなら離婚するなよ、デボラも皆実を愛してるんだよ!って私は思っちゃいますけど!

サブタイトルの「大切なひと」とは亜理紗と征四郎の関係だけではなく、

皆実とデボラ
佐久良と心太朗
馬目と佐久良
皆実と心太朗
護道家と心太朗

と、お互いがお互いを思いあう関係を示しているんでしょうね。

あと、亜理紗役の岡本多緒さんがめっちゃ綺麗だった!さすがスーパーモデルです。

あのドレス姿、もっと見たかった!

第7話の口コミ感想

皆実とデボラと心太朗のやりとりが楽しかった、という口コミです。

本当に軽快なやりとりがたまらなかったですよね。

征四郎の美容整形に関する口コミ

それぞれが、くっつきそうでくっつかないのがいい!という口コミ

皆実はわざと41年前の捜査資料を見つかる様にして、心太朗に読ませたのでは?という口コミ。

私もそう思うんですよね。

スポンサーリンク

【ラストマン】第7話のまとめ

海で白骨化した遺体が見つかった今回の事件。

白骨化遺体:葛西征四郎
犯人:葛西亜理紗(40歳差で結婚した妻)

と思われていましたが。

白骨化遺体:亀島(亜理紗の元夫)
犯人:葛西征四郎

でした。

亜理紗は歯科医に協力させ、亀島の歯の治療痕を偽造。
征四郎は美容整形で姿を変え、秘書の日高としてずっと亜理紗のそばにいた。

というのが真相です。

恋バナも多くて楽しい回でしたが、最後に心太朗が41年前の事件の真実を知ってしまいました。

皆実との関係はどうなるのでしょう?

さて次回はどうなるのか、楽しみです!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次