一山本の学歴は中央大学!卒業後、公務員になったのに力士に転職した経歴がすごい!

当ページのリンクには広告が含まれています。
一山本大生の学歴は中央大学!卒業後、公務員になったのに力士に転職した経歴がすごい!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

公務員から力士になった一山本大生関!

今回は一山本関の学歴と経歴を調べました!

<この記事でわかること>
●一山本大生の大学
●一山本大生の高校
●一山本大生の中学校
●一山本大生の小学校
●それぞれの学生時代の相撲の成績とエピソード
●一山本大生のプロフィール
●一山本大生の経歴
●一山本大生が公務員から力士になった経緯

ぜひお読みください!

目次
スポンサーリンク

一山本の学歴は中央大学!

一山本の学歴はこちらです。

<一山本の学歴>
大学:中央大学商学部
高校:北海道大野農業高校
中学校:岩内町立岩内第一中学校
小学校:岩内町立岩内東小学校

一山本の大学:中央大学商学部

一山本関の出身大学は中央大学商学部・商業貿易学科です。

<中央大学>
大学設置:1920年
建学の精神:實地應用ノ素ヲ養フ(実地応用の素を養う)
住所:東京都八王子市東中野742−1

一山本関は商学部なので多摩キャンパスで学びました。

一山本関の学んだ商業・貿易学科は2022年に国際マーケティング学科に名称変更されています。

一山本の大学時代の相撲の成績

一山本関の中央大学時代の相撲の成績は、2015年の全国大学相撲選手権大会でのベスト16です。

山本の決勝1回戦は九州情報大の水鳥川と対戦。土俵際で張り合うも、中大の押し相撲を貫き、押し倒しで2回戦進出を決めた。 2回戦は強豪・日大の木﨑。一度は出されてしまうかに思われたが、踏ん張り再び土俵の中心に。しかし最後は押し出されてしまった。その結果ベスト16で個人戦は幕を閉じた。

中央大学 相撲部・全国学生相撲選手権大会

一山本関は、学生時代によい成績を残せなかったと角界入りはしませんでした。

一山本関は北海道福島町役場の職員になっています。

スポンサーリンク

一山本の高校:北海道大野農業高校(偏差値43)

一山本関の出身高校は、北海道大野農業高校です。

<北海道大野農業高校>
開校:1941年
校訓:正義・剛健・明朗
住所:北海道北斗市向野2丁目26−1

一山本の高校時代の相撲の成績

大野農業高校の相撲部の歴史は古く80年以上あり、高校総体には団体戦で19回出場し準優勝も2度経験しています。

一山本関は、高校総体で32位という成績を残しています。

スポンサーリンク

一山本の中学校:岩内町立岩内第一中学校

一山本関の出身中学校は北海道の岩内町立岩内第一中学校です。

<岩内町立岩内第一中学校>
開校:1947年
校訓:自主・創造・躍動
住所:北海道岩内郡岩内町宮園 313

一山本関は、全国中学校相撲選手権大会の北海道予選で後の矢後関と対戦しています。

矢後関との戦いに一山本関は敗れ、全国大会への出場を逃しています。

スポンサーリンク

一山本の小学校:岩内町立岩内東小学校

一山本関の出身小学校は岩内町立岩内東小学校です。

<岩内町立岩内東小学校>
開校:1874年
学校目標:明るく伸びる子
住所:北海道岩内郡岩内町東山130

一山本関は小学2年生から相撲を始めています。

他のスポーツも始めたそうですが長続きせず母親から「シューズを買うのでお金がかかる。相撲はまわし一本あればできる」と言われ相撲を始めたんだとか!

それで大相撲の力士になっちゃうんだから、すごいよね!

一山本関は小学校の文集に将来の夢は公務員と書いたそうで、次の章で紹介しますがこの夢も叶っています。

スポンサーリンク

一山本のプロフィールと経歴:公務員から大相撲へ

一山本のプロフィール

<一山本のプロフィール>
本名:山本大生
生年月日:1993年10月1日
出身地:北海道岩内町

一山本の経歴:大学卒業後は町役場の職員

一山本関は中央大学卒業後、北海道松前郡の福島町役場で勤務しました。

<福島町役場>
住所:北海道松前郡福島町福島820

一山本関の所属は教育委員会の学校教育係でした。

2016年春に福島町役場入りし、同年末まで教育委員会学校教育係で勤務する傍ら、町相撲少年団で子どもたちの相撲指導に当たっていた。

HOKKAIDO NEWS LINK 「期待に応える」十両優勝の一山本、福島町を訪問【福島】

また、町の少年団の相撲指導もおこなっていました。

公務員の夢も叶ってて、すごい!

スポンサーリンク

公務員から大相撲の力士へ

一山本関が公務員から力士になったのは、2016年の岩手でおこなわれた国体がきっかけです。

<一山本関の岩手国体>
北海道代表で出場
個人決勝トーナメント2回戦で敗退

この結果に一山本関は「あと1勝で来ていればベスト8に入れた」と悔しく思い、もう一度真剣に相撲をしたいと角界入りを決意しました。

当時、一山本関は23歳で新弟子検査は「23歳未満」が条件でしたが、一定の実績があれば「25歳未満でも可」と規定が緩和された時でした。

そんな考えを改めたのは2016年10月4日。岩手国体に北海道代表で出場し、個人決勝トーナメント2回戦で敗退した時だった。「あと1勝できていれば、全日本選手権の出場権を得られるベスト8に入れた」。大学時代も届かなかったアマチュア相撲最高峰の大会にあと一歩で及ばなかった悔しさは、もう一度「真剣にやってみたい」という思いに変わり、プロで勝負しようと決意した。

JIJI.COM 大相撲 新星探査 一山本 遅れてきたホープ、開花目前

一山本関は年齢制限緩和適用の力士1人目となり、二所ノ関部屋に入門しています。

公務員の職を捨てて力士になることは母親が大反対したそうですが、兄の説得で理解してくれたそうです。

お母さんも気持ちも分かるけど…夢に挑戦した一山本、すごい!

スポンサーリンク

一山本の学歴と経歴のまとめ!

<一山本の学歴>
大学:中央大学商学部
全国でベスト16

高校:北海道大野農業高校

高校総体で個人32位

中学校:岩内町立岩内第一中学校

矢後に敗れ、全国大会出場ならず

小学校:岩内町立岩内東小学校

小学2年で相撲を始める

一山本関は大学卒業後、北海道の福島町役場に就職しました。

しかし、国体でのベスト16が悔しく、角界入りを決意し二所ノ関部屋に入門しました。

これからも一山本関の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次