「最高の教師」芦田愛菜の演技力は?泣きの演技はやっぱりすごい!!

当ページのリンクには広告が含まれています。
最高の教師の芦田愛菜の演技力

「最高の教師」の鵜久森叶役の芦田愛菜さん。第6話のラストで亡くなってしまい、非常に話題になりました。

この記事では「最高の教師」の芦田愛菜さんの演技はどう評価されたのか。

子役時代から”泣きの演技”には定評がありましたが、「最高の教師」でどんな”泣きの演技”だったのか、SNSの口コミと合わせてご紹介します

目次
スポンサーリンク

「最高の教師」芦田愛菜の演技力は?

鵜久森叶役の芦田愛菜さん
鵜久森叶役の芦田愛菜さん

鵜久森叶役の芦田愛菜さんは「最高の教師」の準主役でもあり、その演技は非常に高く評価されています。

ある制作会社のプロデューサーも芦田愛菜さんの演技についてこう語っています。

心の葛藤を眼差しや佇まいで表現する芦田の演技力は、もはや女優として貫禄充分

そうなんですよね。「最高の教師」でも芦田さんの目の動きや表情で鵜久森叶が悩んでいる、迷っている、苦しんでいるというのが良く伝わってきました。

芦田愛菜の演技のすごさ
●葛藤や悩みを目の動きや佇まいで表現する
●泣きの演技がすごい

いじめられていた時の怯えた表情、九条を信じていいのか悩んでいた表情、立ち向かうと決めた瞬間の力のこもった瞳。

どれも素晴らしいものでした。

特に、教科書に酷いことを書かれた時を「笑っていないと心かおかしくなりそうだったから」と語る芦田さんの表情が凄かったです。

いじめを受けた経緯や悔しさ、悲しさをおよそ6分間にわたって涙ながらに訴える場面は、初回からネット民の心を鷲掴み。さらに第3話、クラスの女子2人に「友達になりたい」と自分の気持ちを伝え、相手と心を通わせていく場面にもネット民は心揺さぶられている。

FRIDAY 天才子役から本格派女優へ…話題ドラマ『最高の教師』芦田愛菜に寄せられる『Mother』超え

口元は少し笑って震えていて、目には涙で「辛い」と訴えていました。

心から「辛いよね、辛かったよね」と思わせる演技でした。

スポンサーリンク

「最高の教師」芦田愛菜の泣きの演技はやっぱりすごい!

芦田愛菜さんは子役時代「泣きの演技」で話題になりました。

「最高の教師」で芦田愛菜さんの泣きの演技が見られるのは第1話と第6話です。

【動画】芦田愛菜の泣きの演技:いじめを語る鵜久森叶

「最高の教師」の第1話では、いじめられていた鵜久森が九条に勇気づけられ、自分がされていたいじめを語る長いセリフがありました。

鵜久森
「私はやめてよと言いながら笑っていました。
だって、笑っていないとおかしくなりそうだったから。
私が唯一、学校の中でどうにかできる希望も、この人たちはゲームのように壊していく。
その姿を見ていたら、この人たちは人間じゃない何かに見えました」

いじめについて言ってもいいのか、九条を信じていいのか迷う表情。

自嘲気味に笑って「笑っていないとおかしくなりそうだった」と涙を流す演技。

本当に辛そうで胸が締め付けられそうでした。

【動画】芦田愛菜の泣きの演技:「生きてほしい」と訴える鵜久森叶

第6話では芦田愛菜さん演じる鵜久森は九条にビデオレターを残します。

その中で鵜久森は自分のような生徒(自分で自分の人生を終わらせてしまった生徒)にこう伝えてほしいと訴えます。

鵜久森
「絶対に自分で自分の人生を負わせるべきじゃない。
だって、生きていれば絶対に変わるから。
変わる日がくるから。
別に変わらなくてもいい。
でも、生きてほしい、生きるんだって」

このシーンも非常に胸に響くものがありました。

自分は明日を迎えられる気がしない、でも九条を通して、テレビを通して、今辛い状況にいる人に「生きてほしい」と伝えたい、という気持ちがものすごく伝わってきました。

スポンサーリンク

「最高の教師」芦田愛菜の泣きの演技のSNSの口コミ

SNSでも芦田愛菜さんの泣きの演技はとても話題になりました。

やはり、芦田愛菜さんの泣きの演技には皆さん引き込まれますよね。

綺麗だけど、本当に胸に来る泣き顔です。

スポンサーリンク

「最高の教師」芦田愛菜の演技力のまとめ

芦田愛菜さんの「最高の教師」の演技はやはりすごかったです。

芦田愛菜の演技のすごさ
●葛藤や悩みを目の動きや佇まいで表現する
●泣きの演技がすごい

第1話と第6話は本当に心に訴えるものがありましたね。

もう「最高の教師」では芦田愛菜さんの演技は見られませんが、今後も芦田愛菜さんの活躍を楽しみにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次