最高の教師第9話、ネタバレ考察相関図!「もう1人の人物」が鵜久森の死に関与?

当ページのリンクには広告が含まれています。
最高の教師第9話ネタバレ考察相関図、犯人は西野?金澤?野辺?

2023年9月16日放送のドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」第9話のネタバレ考察です。

第8話では、相楽(加藤清史郎)が自分の心の中をさらけ出し、鵜久森(芦田愛菜)の仏壇の前で泣きながら謝罪しました。

しかし、鵜久森の死に関係しているのは相楽ではありませんでした。

瓜生(山時聡真)らに問われて浜岡(青木柚)が言った言葉の「もう1人いるだろ?」のもう1人とは誰なのでしょうか?

今回の記事では、「最高の教師」第9話のあらすじと予告とネタバレをまとめました。第9 話放送後の考察と感想も合わせて紹介します。

目次
スポンサーリンク

「最高の教師」第9話のネタバレ・予告・あらすじ

最高の教師3年D組相関図
最高の教師3年D組相関図(クリックするとPDFが開きます)

最高の教師 第9話のネタバレ
鵜久森の転落死に直接関与していたのは西野(茅島みずき)で、野辺(田牧そら)と金澤(田鍋梨々花)はその協力者だった。
西野・野辺・金澤はビルから飛び降りようとしてクラスメイトに止められる。
西野は鵜久森(芦田愛菜)転落死の経緯を説明し、3人は鵜久森の母に謝罪。
鵜久森の母(吉田羊)は自分で自分の死を選択しないように言う。
九条(松岡茉優)は卒業式に自分を突き落とす人物に目星をつけていた。

最高の教師 第9話の3行あらすじ
浜岡(青木柚)は迫田(橘優輝)達に「事件の日になぜ学校にいたのか」と問われ、3年D組のある生徒に頼まれたからだと話す。
それを聞いた九条(松岡茉優)は、浜岡が鵜久森(芦田愛菜)にとって「誰にも知られたくない何か」を見つけたのではないかと推察する。
翌日「ある生徒」は登校せず、「生徒に最悪の終わりを選ばせてはいけない」と九条は教室を飛び出す。

放送日:2023年9月16日

サブタイトル:償うことに迷える貴方へ

第9話 あらすじ

最高の教師3年D組相関図(第9話)
最高の教師 3年D組相関図(PDFが開きます)

鵜久森(うぐもり)(芦田愛菜)の事件の後で雲隠れしていた浜岡(はまおか)(青木柚)を、迫田(さこた)(橘優輝)たちが発見。「事件の日…なんで学校にいたんだ?」…問い詰める迫田に、浜岡は人に頼まれたからだと答える。その人物は…3年D組の『ある生徒』だと言う。その人物の依頼で学校へと侵入したと告げる浜岡。その真偽は―――。 迫田らの報告を受けた九条(くじょう)(松岡茉優)は、学校に忍び込んだ浜岡が鵜久森にとって“誰にも知られたくない何か”を見つけたのではないかと推察。鵜久森が命を燃やして守ろうとしたのは、一体何だったのかと頭を巡らせることに。 翌日、九条と3年D組はその「ある生徒」から直接話を聞こうとするが、その人物は登校をしなかった。 その時、九条の頭を“最悪”の状況がよぎる……もしもその人物が罪の意識に苦しめられ、絶望していたとしたら……。慌てて教室を飛び出し、捜索に走る九条!生徒に“最悪の終わり”を選ばせては、絶対にいけない…!九条と同じ思いのD組全員も教室を飛び出して――! ついに、一つの事件の『真相』へと迫る第9話。人は、その罪をどう背負うべきか。そして……、 命を燃やした生徒は、最後どんな『顔』をして過ごしたのか。一つの罪の真理に迫る、衝撃の第9話。

日本テレビ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」公式サイト

第9話 ネタバレ

最高の教師 第9話
第9話

■浜岡の潜伏場所

迫田(橘優輝)、瓜生(山時聡真)、向坂(浅野竣哉)が浜岡(青木柚)の居場所を突き止め、問い詰めます。

迫田が「鵜久森の事件の日、何で学校にいたんだ?」と聞くと浜岡は「頼まれて行ったんだ」と答えました。

浜岡に頼んだ人物は西野美月(茅島みずき)でした。

浜岡
「そうそう、西野さんも状況変わって困ってるって聞いて。
それでちょっと手伝ってやろうってなった。
形勢逆転する材料を集めるために学校に忍び込んだ」

瓜生が「それで何で鵜久森があんなことに…」というと浜岡は「あいつは俺のせいじゃねぇ!ふざけんな!」と怒り、逃げてしまいました。

■スマホでのやりとり

金澤
「迫田たちが浜岡の居場所、突き止めたらしい」
野辺
「絶対あの事件のこと喋っちゃうよ」
金澤
「ねえ、私達……どうしたらいい?

スマホ画面を見て西野は呼吸を荒げ、部屋を荒らしベッドへ飛び込むのでした。

■九条家

瓜生は浜岡の件を九条に連絡し、九条と蓮はその件を話し合います。

九条
「今日瓜生くんたちから聞いた話の中に私がずっと引っかかってたものの答えもある気がした。
鵜久森さんは誰にも知られたくない何かを守るために1人で向かったんじゃないかって」


「文化祭で鵜久森さんと話してみて、とっても優しくて強くてまっすぐな子だと思った。
自分で自分を…って子は決して弱い子じゃない。
むしろ強すぎて迷惑をかけないようにと考えて、その選択をしてしまう。
だから里奈も、もっと弱くていいからな」

■学校

鵜久森の母(吉田羊)は、娘が死んで初めて学校を訪れ、転落死の場所を確認します。

九条が3年D組に行くと、西野、野辺、金澤は教室に不在でした。

九条「最悪が怒る前に探さなくてはいけない。自習にしてください」と学校を飛び出します。

■3年D組

九条からスマホで連絡を受けた教頭がクラスを訪れ、3人を探そうとする生徒たちを止めます。

それに対し生徒たちは自分たちの考えを述べます。

栖原
「誰かを助けるための憶測ならするべきじゃないかって」

相楽は鵜久森の件を「みんな1度は考えたと思う、自分が何かすればあんなことにはならなかったんじゃないかって」と言います。

相楽
「今、ここで何もしなければ鵜久森に申し訳が立たねぇ。
やっと俺たちは誰かと真剣に向き合えるようになったんだ」

教頭は他の教員にも捜索の指示を出し、3年D組の生徒にも「探しに行ってください。絶対に最悪が起きないようにしましょう」と言い、皆で探すことになりました。

■西野・野辺・金澤の捜索

九条、3年D組の生徒は街中を探します。

夏穂と智美が2人でボウリングしていると、そこに西野、野辺、金澤がいました。

3人は非常に暗い表情をしており、智美がその件を九条に連絡します。

西野、野辺、金澤はトボトボ歩きながら話します。

西野が「カラオケもやってボウリングもやって、あとしたいことある?」と聞くと、野辺は「私たちの楽しいことってこれくらいしかなかったんだな。こんなことにために…あんな…」と泣いて言いました。

西野
「じゃそろそろケリつけようか?」

3人は、ビルの屋上で3人で飛び降りようと並びます。

金澤
「本当にこれしかないのかな?」

野辺
「だってもう皆にバレたから。
警察にも話して、みんなからずっと指さされて、それで家族にも迷惑かけて。
そんな未来、私は怖いから」

西野
「できない、やっぱり怖い」

そこへ3年D組の女子生徒4名が到着し、3人を止めます。

「私たちを捕まえに来たの?」と聞く金澤に叫んで答えます。

月野春香(柿原りんか)
「ごめん、見つけたのが私たちで。こんな時どうしたらいいのかわからない。
震えが止まらない。
でも、もうあんな風にクラスの人がいなくなるのは嫌。
あなたたちを知っている人たちは絶対傷つく」

穂積渚(白倉碧空)
「あなたたちに嫌な目に合ってきた私たちだって辞めてほしいと思う」

しかし「でも私たち一生あんたたちに…・」と、野辺は後ろ指をさされて生きることを怖がっているようです。

月野
「一生なんて気にできない。
あなたたちを一生憎み続けるほど私は人間ができていない。
私もそういう酷い人間だから」

その言葉を聞いても西野は「じゃあどうしたら、この責任の取り方以外にどうしたら」と言います。

そこへ東風谷、阿久津も到着します。

東風谷
「全てを明らかにするの!
鵜久森さんのことを一生考え続けてしまう人がいる。
その人たちに全てを明らかにせず終えようとするのは1番の罪」
皆で帰ろう。
私たちの教室に」

■教室

九条
「あの選択で全てを終わらせてはいけない、絶対に。
今後あなたがたが何を背負うことになっても。
私も聞きたいこともたくさんある。
でもこの教室の皆さんで話をしてください。」

藤原大志(山下幸輝)が口火を切ります。

藤原
「おれ、最近いろいろあって…。
人が死ぬと言うことが怖くてたまらない
お前らが本当に鵜久森をそうさせたのか?」

西野は「この2人は本当は関係ない。それだけは言わせてほしい。私はそんなつもりなかった、本当に」と説明を始めます。

<西野の説明>
●「最近前楽しくないんだろ?」と浜岡に話しかけられた。
●教室に居場所がなくなって焦っていた
●浜岡が化学準備室にカメラを仕掛けると、東風谷と鵜久森の会話が撮れた。
●浜岡から「これでひっくり返してこい」とそのデータを受け取った
●野辺、金澤に協力してもらい、鵜久森のロッカーに手紙を入れた
●野辺、金澤は見張り役

東風谷は「じゃあ鵜久森さんは私の為に?」と動揺します。

野辺は「そうじゃない。きっかけはそうだったけど、あいつは私達を変えるために来たの」と否定します。

■渡り廊下(西野の回想)

<西野の要求>
●東風谷との話を撮っていた
●調子に乗っている鵜久森にまた大人しくしてほしい
●自分はただ楽しく高校生活を送りたいだけ

そんな要求をする西野に対し鵜久森は言います。

鵜久森
「あの時東風谷さんが話してくれたことに恥ずかしいことなんてなかった。
西野さんおかしい。
誰かを傷つけて笑っていることの何が楽しいの?」

西野は「じゃあバラしてもいいのね?あんたが良くても東風谷が嫌がるんじゃない?」と言います。

鵜久森
「あなたみたいな人が少し考えを変えるだけで、私たちみたいな人はもっと前を向けるのに。
標的を作って笑ってる時間なんて大切な人生で無駄でしかない。
私は最後の最後までなりたい自分になるために生きる。
2023年10月4日、それはあなたが誰かを傷つける日じゃない。
あなたが人を傷つけるのを辞める日に、私が変える!」

そして、鵜久森と西野がもみ合い、鵜久森が転落します。

(西野の回想、終わり)

■教室

西野は、その後、走って逃げたと説明します。

西野
「本当に私は鵜久森がこんなことになることなんて望んでなかった
そんなつもりじゃなかった」

それに対し、九条が怒りをあらわにします。

九条
「ふざけんな!逃げるなよ!
クラスメイトが命を失ったんです。
それなのに”そんなつもりじゃなかった”で済まされるわけがない。
鵜久森さんは命を燃やして変えようとしていたのに。
まだ逃げようとすることを私は絶対に許さない」

九条は生徒に語ります。

九条
「ほんのわずかな想像の欠如だけで、人は人の心に痛みを積もらせることがある。
たった数秒、1度のことで一生消えない傷を残すことを忘れてしまう」

九条
「西野さん、この2人は関係ない、浜岡に言われた、まずそれですか?
あなたがたは、自分を守るために人を傷つけることが癖になっている無自覚な動物そのものです。

西野や野辺は「どうすればいい?」「どう変われば償える?」と泣いて聞きます。

九条
「この過ちを償う方法を、考え、生きて変わる。
それが、あの日彼女が求めたことじゃないですか?」

そこへ教室の映像を他の部屋で見ていた鵜久森の母が入ってきます。

西野、野辺、金澤は泣いて謝罪します。

鵜久森母
「まずお願い。最悪の終わりを選ばないでほしい。
自分の娘にそれが起きた時、とても悲しかった」

鵜久森母
「私はこの出来事を許すことはできない、忘れることもできない。
あの子の分まで生きてと言う言葉も出ない。
1つだけ、言えるのは、忘れないでいてほしい、あの子のことを。
あの子が楽しそうな姿を。」

鵜久森の母は泣いている鵜久森の顔ばかり思い返してしまう、と話します。

鵜久森の母
「だから、一生懸命忘れないでほしい。
あの子が楽しそうに生きていたということを。
叶が最後に生き抜いた顔をしていたというなら、お願い」

西野は「わかりました。絶対に」と答え、3人で泣いて謝罪するのでした。

■廊下

九条と西野・野辺・金澤に追いかけてきた江波が問いかけます。4人は警察へ向かうところでした。

江波(泣きながら)
「聞きたいことがあってきた。
私たち、何があってもずっと友達だよね?」

3人は涙を流します。

「ずっと友達だよね?」は第4話で江波が西野・野辺・金澤に聞き、馬鹿にされたセリフです。
詳しくはこちらをお読みください。
▷▷最高の教師第4話、ネタバレ考察相関図!江波(本田仁美)の傷害事件を九条が防ぐ!◁◁

■最終回への伏線

浜岡の前に相楽が現れ「西野が困った状態にいるってお前に言ったのは誰だ?」と聞きます。

九条のモノローグ
私は大きな問題を残している。
私を突き落としたあの手の持ち主は「あの人」であることは間違いない。
これからの約半年、わたしは「あの人」のことを考え続けることになる。
なぜなら、2024年3月10日、卒業式の日、その日にその人物と向き合うことが、私の最後の成すべきことだから

スポンサーリンク

第9話 予告映像文字おこし

九条
「鵜久森さんは何かを守るためにあの場所に向かった。
たった一人で、その命を燃やして」

浜岡
「頼まれて行ったんだ、おれ」

瓜生
「相楽は誘いを断ったって」

浜岡
「もう1人いるだろ?お前らの学校に」

鵜久森の母が我衆院教頭に電話をかけ、「教頭先生、大丈夫ですか?」と話す。

九条
「もう生徒が危険な目にあうのは絶対に嫌だから」

スポンサーリンク

「最高の教師」第9話の展開予想

最高の教師 第9話
第9話

第9話は、浜岡に学校に来ることを依頼した人物が誰なのか、鵜久森が守ろうとした秘密が何なのか、がストーリーの鍵となりそうです。

浜岡の言う「もう1人」の生徒は誰?

浜岡は学校に来た理由を瓜生らに聞かれて「頼まれたからだ」と答えました。

相楽ではなく3年D組の中に「もう1人いる」ということです。

その人物が鵜久森の転落死に関わっているのでしょうか?

浜岡は何をしたのでしょうか?

<浜岡に依頼した人物の予想>
西野美月

浜岡に依頼できる(金が出せる)人物ということで、西野美月をあげます。

最高の教師女子一軍
どんなことを考えているのでしょうか

相楽や瓜生たちが土下座をしていた時も、問題児女子グループの3人は謝罪に加わりませんでした。

やはり彼女たちの誰か(もしくは全員?)が関わっている気がしますね。

この中でも、鵜久森ともみ合って転落死の原因となったのは金澤優芽ではないかと予想します。

<鵜久森の事件>
浜岡に依頼した人物:西野美月
もみ合って転落させた人物:金澤優芽

詳しくはこちらをお読みください。

▷▷「最高の教師」鵜久森を殺した犯人予想は金澤優芽!星崎、西野、相楽、阿久津ではない理由を解説!◁◁

星野も怪しいですが、星野自身が浜岡に依頼し動画を撮影しそれを東風谷に見せる、となってしまい自分で自分の関与をあばいてしまいます。

そういう意味で浜岡に依頼した人物として星野は違うかなと思います。

追記

浜岡に依頼した人物も鵜久森の転落死に関わる人物も西野でした!

直接手をくだすとは、西野も相当焦っていたのでしょうね。

鵜久森の「誰にも知られたくない」こととは?

あらすじにはこうあります。

<第9話あらすじ>
九条は、学校に忍び込んだ浜岡が鵜久森にとって“誰にも知られたくない何か”を見つけたのではないかと推察

鵜久森の「誰にも知られたくないもの」は、やはり東風谷の鵜久森への思いです。

化学準備室での東風谷と鵜久森の会話が録画されており、そのデータが入ったSDカードなどがあるのではないでしょうか。

それをどのように浜岡が見つけたのかはわかりません。

録画をしていたのは星崎で、そのデータを浜岡に渡したということなのかもしれません。

追記

「誰にも知られたくない何か」はやはり、化学準備室での鵜久森と東風谷の会話でした。

しかし、カメラを仕掛けたのは浜岡でした。

スポンサーリンク

「最高の教師」第9話の放送後の考察

最高の教師 第9話
第9話

第9話のテーマは「絶対に自分で自分の終わりを選ばないこと」と「人を傷つけないための想像力」でした。

「自分で自分の終わりを選ばないで」

ビルから飛び降りようとする3人を見つけ、止めたのは九条でも東風谷でもなく、クラスの中では目立たない存在の女子生徒でした。

でも、そんな彼女らが必死に伝えていました。

月野
「絶対に自分で自分の終わりを選ばないで。
あなたたちを知っている人は絶対傷つくから」

九条も娘を失った鵜久森の母も同様です。

九条
「まず言いたいのは、あの選択(自分で自分を終わらせる)で全てを終わりにしてはいけない」

鵜久森母
「最悪の終わりを選ばないでほしい」

また、九条と蓮の会話でも蓮が「そういう選択(自分で自分を終わらせる)をする子は弱いのではなく、むしろ強いのではないか」と言っています。

なので九条に対し「もっと弱くてもいい」と言っていました。

ドラマが伝えたいことも同じです。

<最高の教師 第9話が伝えたいこと>
●自分で自分を終わらせる選択は絶対にしない
●強くなくていい、弱くていい

本当に大切なのは自分自身と自分自身を大切にしてくれる人です。

自分と自分を大切に思う人の為に、自分で自分を終わらせてはいけません。

辛い時に1人で頑張るのではなく誰かを頼り、時には逃げてもいいのだと思います。

「人を傷つけないための想像力」

鵜久森の転落死の経緯を話し始めた時、西野は「そんなつもりじゃなかった」と言いました。

本当に、西野は鵜久森を死なせるつもりはありませんでした。

しかし、鵜久森は西野のせいで死んでしまいました。

九条
「ほんのわずかな想像の欠如だけで、人は人の心に痛みを積もらせることがある。
たった数秒、1度のことで一生消えない傷を残すことを忘れてしまう」

九条が言うように、ちょっとしたことで人は傷つきます。

「そんなつもり」はなくても、人の心に積み重なっていきます。

しかし、「相手は何を思っているだろう」「心の中では苦しんでるかもしれない」と想像することで、人を傷つけることは減らせます。

私たちは人の痛みに無自覚ではいけない、人の痛みを想像しなくてはいけないのだと思います。

スポンサーリンク

「最高の教師」第9話の放送後の感想

最高の教師 第9話
第9話

西野・野辺・金澤が飛び降りようとビルの屋上のギリギリの所に立っているシーンは、正直いうと本当に怖かったです。

追い詰められて「これしかない」「でも、できない」となっている姿を見て、実際にその選択をする人たちはもっと死に物狂いの苦悩の表情をしているんだろうなとか思うと、それ以上は怖くて考えるのを辞めました。

あと、納得がいかないというか、「あんな冷静でいられるの?」と感じたのは、鵜久森の母の言動です。

事故とは言え、自分の娘を死に追いやった人間を前にして、あんな聖人君主みたいなことが言えるでしょうか。

私だったらまず怒りをぶつけずにいられません。

第9話のSNSの口コミ感想

第9話では、いつも敬語の九条が「ふざけるな」と声を荒げていました。

SNSでも、そのシーンの口コミが多かったです。

娘がこんなめにあったら冷静でいられないという人もいます。

でも、母親役の吉田羊さんの演技に感動という人も多かったです。

確かに、鵜久森母の「娘の笑顔を忘れないでほしい」という言葉はジーンと来ましたよね。

さすが吉田羊さんでした。

スポンサーリンク

「最高の教師」第9話のまとめ

最高の教師 第9話のネタバレ
鵜久森の転落死に直接関与していたのは西野(茅島みずき)で、野辺(田牧そら)と金澤(田鍋梨々花)はその協力者だった。
西野・野辺・金澤はビルから飛び降りようとしてクラスメイトに止められる。
西野は鵜久森(芦田愛菜)転落死の経緯を説明し、3人は鵜久森の母に謝罪。
鵜久森の母(吉田羊)は自分で自分の死を選択しないように言う。
九条(松岡茉優)は卒業式に自分を突き落とす人物に目星をつけていた。

最高の教師 第9話の3行あらすじ
浜岡(青木柚)は迫田(橘優輝)達に「事件の日になぜ学校にいたのか」と問われ、3年D組のある生徒に頼まれたからだと話す。
それを聞いた九条(松岡茉優)は、浜岡が鵜久森(芦田愛菜)にとって「誰にも知られたくない何か」を見つけたのではないかと推察する。
翌日「ある生徒」は登校せず、「生徒に最悪の終わりを選ばせてはいけない」と九条は教室を飛び出す。

<第9話のポイント>
●浜岡に依頼した人物は誰か:西野美月
●鵜久森の「誰にも知られたくないもの」は何か:化学準備室での東風谷との会話

誰かを傷つけておいて「そんなつもりじゃなかった」と言う西野への九条の「ふざけるな」が響きましたね。

次はとうとう最終回です。楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次