最高の教師第8話、ネタバレ考察相関図!土下座で謝罪する相楽(加藤清史郎)!

当ページのリンクには広告が含まれています。
最高の教師第8話ネタバレ考察相関図!相楽が犯人?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年9月2日放送のドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」第8話のネタバレ考察です。

星崎(奥平大兼)の映像には鵜久森(芦田愛菜)の亡くなった日に、制服を着て学校に来ている浜岡(青木柚)が映っていました。

相楽(加藤清史郎)が浜岡と繋がっていることも発覚し、3年D組は騒然とします。

相楽は「アイツは俺のせいで死んだ」と言いますが、それは本当なのでしょうか?

今回の記事では、「最高の教師」第8話のあらすじ、予告編、ネタバレをまとめました。 第8話放送後の最新の考察と感想も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

「最高の教師」第8話のあらすじ・ネタバレ・予告

最高の教師3年D組相関図
最高の教師3年D組相関図(クリックするとPDFが開きます)

最高の教師 第8話のネタバレ
相楽は鵜久森の死に直接関わってはいない。
相楽が「アイツ(鵜久森)は俺のせいで死んだ」と言った理由は「相楽の(いじめの)空気を変えようと鵜久森が危険を冒したから」。
相楽は自分のことを特別だと思っていたが、特別どころか最低の人間であると自覚していて、それを隠すために笑顔だった。
相楽・迫田・瓜生・向坂が教室でクラスメイトに土下座で謝罪。
相楽は鵜久森の仏前で涙の謝罪(ごめんなさい18回)

最高の教師 第8話の3行あらすじ
鵜久森の母・美雪(吉田羊)は、「あの日、娘は何をするためにあの場所へ行ったのか、最後にどんな顔をしたのか」が知りたいと話し、九条はその想いを受け止める。
浜岡(青木柚)が鵜久森の事件の日に学校に来ていたこと、浜岡が相楽(加藤清史郎)と繋がっていることが発覚し、相楽に疑いの目が向けられる。
相楽は「アイツは俺のせいで死んだ」と衝撃の発言をする。相楽は犯人なのか?

放送日:2023年9月9日

サブタイトル:『本当』を曝け出さぬ貴方へ

【相関図】第8話 あらすじ

浜岡修吾に関する相関図
浜岡修吾に関する相関図

「我々は、全力でその理由と向き合いたいと思っています」――。九条(くじょう)(松岡茉優)と3年D組の本気がもたらした学校の記者会見は、鵜久森(うぐもり)(芦田愛菜)の母・美雪(みゆき)(吉田羊)の心にしっかりと届く。自分も今以上に向き合わなければ…と顔を上げる美雪。しかし、向き合うべきは娘を追い込んだ“何か”ではない。あの日、娘は何をするためにあの場所へ行ったのか、最後にどんな顔をしたのか、ただそれが知りたい。だからこの件で誰かが追い詰められるようなことは望まない…。そんな美雪の思いを九条も力強く受け止める。 ――だが、教室では一つの『事実』を獲得した生徒達がある人物を追いつめる。クラス全員から疑いの目を向けられたのは、―――相楽(さがら)(加藤清史郎)。浜岡(青木柚)が鵜久森の事件の日に学校に来ていたこと、そしてその浜岡と相楽が繋がっていたこと……、それが露見した教室内で、相楽はクラス全体を凍り付かせる衝撃の一言を口にする。「アイツは、俺のせいで死んだ」―――と。 彼のその一言の意味とは何か―――。自分の『本当』を曝け出せない貴方へ。過去に、自分に、見て見ぬフリを続けた人物は、全てと向き合う一日を過ごす……。彼は本当に……犯人なのか!?

日本テレビ「最高の教師  1年後、私は生徒に■された」公式サイト

浜岡修吾
第4話で幼馴染である江波(本田仁美)を陥れようとした人物
栖原(窪塚愛流)とはバンド仲間
相楽と繋がっていて、第5話では相楽の指示で3年D組の文化祭準備を破壊した

第8話 ネタバレ

第8話
第8話

■鵜久森家

九条は鵜久森の家を訪れ、鵜久森の母・美雪は自分の思いを話します。

<鵜久森母の思い>
あんな風に学校の会見で言ってもらえるとは思っていなかった。
自分自身もあの出来事と向き合いたい。
娘のいろんな表情を思い出せるように、娘の写真は飾らないことにした。
知りたいのは「何故あんな場所に行き、何をしようとしていたのか」
「娘は最後にどんな顔をしていたのか」

■3年D組

相楽が教室に入ると、雰囲気が全く違っていました。

実は星崎が東風谷に動画を見せたことで、江波が浜岡の家に電話をかけ「浜岡と相楽の関係」が明らかになったのでした。

東風谷が相楽に「浜岡と仲がいいのか」聞きます。

相楽
「浜岡ね…仲良しだよ」

瓜生が相楽につかみかかります。星崎から、このことを聞いて教室に来た九条が瓜生を止めます。

九条
「やめてください、これが向き合うと言う形ではないことを皆さんも分かっていますよね」

東風谷は「でも知りたいことにに近づいているのは事実」だと正論を言い、相楽に「鵜久森さんがあんなことになったのはあなたのせい?」と聞きます。

相楽
「ああ、あいつは俺のせいで死んだ。
お前らもみんなそう思ってるんだろ?」

相楽は笑顔で帰ろうとします。東風谷が「さっきの言葉を説明して」と言いますが相楽は「説明できねー」と言い、去ってしまいました。

生徒たちは動揺しますが、九条は「憶測で何かするのはやめましょう」と釘を刺します。

■相楽と迫田

相楽と共に迫田(橘優輝)も一緒に帰ります。

迫田は「金持ちのボンボンのガキにそんなことできるか」と相楽が犯人ではないことを信じていました。

そこに九条が現れます。

九条
「相楽君が何か追い詰められているのではあれば何でも聞きます
あなたは何か説明できない何かが心の中にあるのでは?
鵜久森さんが変えていったこと、あなたが一番心の刻んでいるのでは?」

相楽は「黙れ!」と怒り去ってしまいますが、九条は「私はいつでも話を聞きます」と告げます。

■九条と迫田

相楽が去った後、迫田と九条は2人で話します。

「何であんなことを言ったんだ?」と問う迫田。

九条
「私は犯人捜しをしているわけではありません。
私が許せないのは人ではない、犯された罪」

迫田は、5年前の母親の葬儀で見せた相楽の笑顔について話し、「あいつはやってない。あいつを救ってくれねぇか?」と九条に頼みます。

しかし、九条はそれを断ります。

■教室

浜岡から江波に電話がかかってきます。

<浜岡から江波への電話の内容>
●相楽は「お得意様」
●文化祭襲撃は相楽に金をもらって浜岡らがやった

■べすとほっぷ

瓜生と向坂が夏穂と智美に状況を話します。

<瓜生と向坂の説明>
●文化祭襲撃は相楽が浜岡にやらせていた
●鵜久森の事件があった日、浜岡が学校に来ていた
●鵜久森の事件も相楽が浜岡にやらせたんじゃないか

2人は先入観が入っていることを指摘し、それで判断すべきではないと制します。

夏穂は酔いながら「ってか、そこまでいったら警察の仕事だ、通報しろ」と言いますが瓜生と向坂はそれを拒みます。

向坂
「それは嫌です。
おれら相楽とつるんでたんですよ。
一緒に遊んでいた仲間に背負いきれない罪で指を刺されるのは嫌で」

■相楽家

相楽の父親のいない曜日を見計らっていた九条が、相楽の家を訪れます。

相楽は「いかれた教師がお悩み相談でもしてくれんの?」と嘲笑します。

九条
「私はただ話を聞きに来たんです、鵜久森さんのことを自分のせいと言った事を。
でもやったことは許されない」

相楽
「鵜久森にも言われた、俺にされたことを忘れられないって。
俺もやりすぎだとは思ってた。でも平気だなって。
おれの作った楽しい雰囲気の中で、みんな役割の中で楽しくやってるなーって。
鵜久森に言われた時も何でイラつくのかわからなかった。
アイツが死んだときに気づいた、
俺はあいつらに嫌われていたんだなと」

相楽の言葉を「まだ自分を守るのか、自分は気づいていなかったからやってしまった事は仕方ないと言おうとしているのか」と九条は遮ります。

九条
「鵜久森さんが立ちあがった日、あなたは笑っていた。
あれは自分を守るために笑っていた。
あなたは鵜久森さんの苦しみを理解していながら、それに気づかないふりをした。
それを理解したら、自分のしてきたことを許せなくなるから。
弱い自分を隠すのに必死、楽しい自分や幸せな自分を見せつけるのに必死だった。
無自覚なふりをして人を傷つけ、知らないふりをして笑っていた」

九条
「なぜそうやって目先のプライドを優先して弱さを隠すのか?
なぜ傷つく人がいるのを知りながら自分のプライドを大事にできるのか?
弱さを見せる覚悟があるのなら、明日必ず学校に来てください。
これが、あなたが変わる最後のチャンスです」

■車の中

蓮は何かあったらと車で九条を迎えに来ていました。


「里奈の挑戦は応援する、でもヤバくなったら俺が助ける」

そして「なんで、今まで相楽くんにアプローチしなかったの?」と尋ねます。

九条
「相楽くんはいつも自分の納得のいかない何かを探してしまう
何か足りない感覚になってしまう。
相楽君は一度も”本当”を表に出したことがないから」

■教室

相楽は遅れて教室にやってきました。

そして「今日、ここにくることをビビってた」と話します。

神楽が昨日の「鵜久森が死んだのは自分のせい」という相楽の言葉の意味を尋ねます。

相楽
「鵜久森が何か危険を冒そうとしたのは俺のせいだ。
あいつはずっと何かを変えようとしてた。
その何か変えたいと言う空気を作ったのは俺だ。
あいつは何かと闘うためにあそこにいった、だから俺のせいだと言った」

神楽は「じゃああの事件を起こしたのは?」と聞きます。

相楽
「やってねぇ。信じるかどうかはわからねえけど」

クラスの雰囲気は変わらず相楽を疑っています。

そんな中で九条は「もっとも避けるべきは憶測で彼女を語ること。人はそう考える方が自然と言う方向に流れ、大多数の意見を作りその矛先を向ける」と言います。

相楽は説明をします。

<相楽の説明:文化祭襲撃について>
●文化祭の事件は浜尾にやらせた
●理由は、自分と関係ないところで笑っているクラスメイトに腹が立ったから。
●文化祭を襲撃しても3Dの生徒たちは何とかした
●それで自分は特別じゃなかったのかとショックを受けた。

<相楽の説明:鵜久森について>
●だから鵜久森に「普通になろう」と言ったが断わられた。
●鵜久森には「(やられたことは)忘れられない」と言われた。
●自分は特別どころか最低の人間だった(それは本当は理解していた)

<相楽の説明:鵜久森の事件>
●浜岡に「何かしてやろうか」と言われたが断った
●理由はこれ以上誰かに忘れられない傷を作るのが怖くなったから。

そして、「遅いのもウザいのも分かっている」と言いながら謝罪し深く頭を下げます。

相楽
「でも今言わせてくれ。みんな、すまなかった。
許されるとは思っていない、でもすまなかった」

その姿を見て、迫田、瓜生、向坂が「俺はもっと最低だ、本当に申し訳ねぇ」土下座をし、それに相楽も加わります。

それに対し、東風谷と阿久津は憶測で疑ったことを謝罪し、神楽も許せないとしながらも「変わろうとしているのはわかった」と言いました。

九条は「今、話されたことをどう受け止めるかは自由、でも考え続けなくてはいけない」と生徒たちに言います。

■鵜久森家

相楽と九条が訪問し、相楽が鵜久森の母に「鵜久森に酷いことをしていた」と告げます。

鵜久森母
「昔一度だけ相楽君という名前を聞いたことがある。
ずっとあなたのことすごい同級生だって自慢してた」

そして、鵜久森の「同じクラスになったら友達になれるかな」という言葉を思い出します。

鵜久森母
「たった一つのボタンの掛け違いで人との関係は大きく変わるものだけど
もしかしたらあったのかな…2人が友達になることも」

鵜久森の仏壇の前に座り「写真がない」という相楽に九条は「それなら想像してください、それが向き合うと言うこと」と言います。

そして相楽は謝罪します。

相楽
「出てこねぇ、アイツの顔を想像しても、泣いてる顔が。
笑ってる顔しか出てこねぇ。
本気で謝りたいときにいないのはおかしいだろ。
なぁ鵜久森。
ごめんな。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい」

相楽
「絶対に許してもらえるなんて思わねぇ
でも、でもごめんなさい。
おれはお前に最低なことしてた。
ごめん、鵜久森。
聞こえてるか、聞きたくもねぇか?

そして泣きながら謝罪を繰り返すのでした。(「ごめんなさい」18回)

相楽
「ごめん、本当にごめん、本当に本当にごめんなさい。ごめんなさい
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」

■浜岡の潜伏場所

浜岡の仲間を捕まえ、迫田・瓜生・向坂が浜岡の潜伏していた部屋に入る。

迫田「よくもうちの大将が疑われるようなことしてくれたな」

第8話 予告映像文字おこし

第8話予告
第8話予告

瓜生を壁にたたきつける迫田

九条
「やめてください。
私たちが話した向き合うと言う形ではないことを、皆さんわかっていますよね?」

星崎
「事件があった日、不自然に学校にいたんです。浜岡修吾が」

第8話予告
第8話予告

イラついて自室のゲームの台を叩く相楽

夏穂
「ここまで来たら警察の仕事だ、通報しろ」

東風谷
「相楽くん、説明して」

第8話予告
第8話予告

相楽
「ああ、あいつは俺のせいで…」

スポンサーリンク

「最高の教師」第8話の展開予想

第8話
第8話

相楽は本当に犯人なのか?

相楽が浜岡を鳳来高校に潜り込ませたのは間違いないと思います。

相楽と浜岡の謎
●相楽は浜岡に何を依頼したのか
●浜岡は鵜久森の死に直接関わっているのか

これらの2点が気になります。

相楽は「あいつが死んだのは俺のせい」とは言っていますが、それは何を意味するのでしょうか。

実行犯は浜岡ではないのかもしれません。

第8話のサブタイトルは「『本当』を曝け出さぬ貴方へ」ということなので、「浜岡実行犯説」以外の真実が隠されているのではないでしょうか。

星崎は何故タイミングよく浜岡の映像を撮っていたのか?

星崎は何故、あの事件の日にビデオカメラを回し浜岡を撮っていたのでしょうか。

ただの偶然なのか。

偶然にしては出来過ぎている感じもしますね。

そして、何故その映像をまず東風谷に見せるのか。

SNSでも星崎を怪しく感じている人が多くいます。

そうなんですよね。星崎は鵜久森と一緒に買い物とかも行っていてそれなりの関係性があったのに、全く悲しんでいる様子がないですよね。

第7話でも全く鵜久森の件と向き合っていませんでした。

それはただの彼の性格なのか、それとも何か黒幕的な存在だからなのか。

星崎の今後の動向が気になります!

スポンサーリンク

「最高の教師」第8話の放送後の考察

第8話
第8話

相楽は鵜久森の事件の犯人ではありませんでした。

こうなると犯人は誰かですが、やはり問題児グループの女子だと考えられます。

西野・野辺・金澤は今回の相楽らの謝罪に加わりませんでした。

最高の教師第8話
3人の表情が気になる…

普通、鵜久森の事件に関わっていなかったら一緒に謝罪すると思うんですよね。

3人の中の誰が、ということですが直接の原因(鵜久森ともみ合って転落させた)となったのは金澤優芽だと思います。

話数で考えるのもどうかと思いますが、「最高の教師」は少なくともあと2話あります。

第9話:転落死の直接の原因となったのは金澤優芽
第10話:金澤優芽に鵜久森を排除させようとしていたのは西野美月

このように展開するのではないでしょうか。

金澤優芽犯人説についてはこちらで詳しく解説しています。

▷▷「最高の教師」鵜久森を殺した犯人予想は金澤優芽!星崎、西野、相楽、阿久津ではない理由を解説!◁◁

「最高の教師」第8話の放送後の感想

第8話
第8話

第8話は相楽役の加藤清史郎の鵜久森さんへの謝罪が泣けるものでした。

泣きながら「ごめんなさい」の連続で、どの「ごめんなさい」にも相楽の後悔が詰まっていて、ああ彼は取り返しのつかないことをしてしまったんだな、と実感できました。

さすが加藤清史郎でした。

また、迫田が「悪事をはたらくけどいいやつ」「相楽のことを大事に思ってるんだな」ということが伝わってきて、相楽にもそんな存在がいて救われました。

ただ、もう少し相楽の闇が根深いものだと思っていて、1回で相楽の心も解き明かされてしまったのはびっくりでした。

第8話のSNSの口コミ感想

第8話はやはり加藤清史郎の最後の謝罪シーンが泣けたという投稿が多かったですね。

https://twitter.com/khanhvi2023/status/1700511439528800693?s=20

相楽が犯人でなかったことで、また「犯人は誰?」と話題になっています。

https://twitter.com/izml26ers/status/1700508134899700153?s=20

迫田が「(東京リベンジャーズの)ドラケンみたい」というのも話題でした。

https://twitter.com/Ckawa_Niji/status/1700509191528669587?s=20

そして、安定の松下洸平さん!

https://twitter.com/PokemonTCG_TFOA/status/1700633621097554115?s=20

確かに運転している松下洸平さんはかっこよかったです!

そして「絶対助ける」というセリフ!

ああ、毎回惚れてしまう‥‥

スポンサーリンク

「最高の教師」第8話のまとめ

最高の教師 第8話のネタバレ
相楽は鵜久森の死に直接関わってはいない。
相楽が「あいつ(鵜久森)は俺のせいで死んだ」と言った理由は「相楽の(いじめの)空気を変えようと鵜久森が危険を冒したから」。
相楽は自分のことを特別だと思っていたが、特別どころか最低の人間であると自覚していて、それを隠すために笑顔だった。
相楽・迫田・瓜生・向坂が教室で土下座で謝罪。
相楽は鵜久森の仏前で涙の謝罪(ごめんなさい18回)

最高の教師 第8話の3行あらすじ
鵜久森の母・美雪(吉田羊)は、「あの日、娘は何をするためにあの場所へ行ったのか、最後にどんな顔をしたのか」が知りたいと話し、九条はその想いを受け止める。
浜岡(青木柚)が鵜久森の事件の日に学校に来ていたこと、浜岡が相楽(加藤清史郎)と繋がっていることが発覚し、相楽に疑いの目が向けられる。
相楽は「アイツは俺のせいで死んだ」と衝撃の発言をする。相楽は犯人なのか?

相楽は犯人ではありませんでした。しかし浜岡はまだ鵜久森の事件に関わっているようです。

第9話では犯人が明らかになるのでしょうか?

第9話が楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次