最高の教師第5話、ネタバレ考察相関図!瑞奈ニカ(詩羽)の生き様が3Dの生徒の心に響く!

当ページのリンクには広告が含まれています。
最高の教師第5話ネタバレ考察相関図!瑞奈ニカ(詩羽)!

2023年8月12日放送のドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」第5話のネタバレ考察です。

第5話は瑞奈ニカ(詩羽)がメインです。九条(松岡茉優)は文化祭が無くなることを阻止するために、瑞奈を責任者にします。

瑞奈はプロとして音楽活動をしているという設定です。予告ではマイクの前に立っていましたから、もしかしたらドラマの中でも歌うのかもしれません。

また、最後に明かされるこの物語を揺るがす「ある事実」が何なのかも気になりますね。

<第5話の見どころ>
●何故、文化祭がなくなるのか?
●ドラマの中で瑞奈ニカは歌うのか?
●物語を揺るがす「ある事実」とは何か?

今回の記事では、「最高の教師」第5話のあらすじとネタバレをまとめました。予告映像の文字おこしもしています。 第5話放送後の考察と感想も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

「最高の教師」第5話のネタバレ・あらすじ

最高の教師3年D組相関図
最高の教師3年D組相関図(クリックするとPDFが開きます)

最高の教師 第5話のネタバレ
文化祭の体育館イベントの責任者に任命された瑞奈(詩羽)は、1度は断るが九条(松岡茉優)と早乙女(森田望智)の言葉で責任者を務める。
相楽(加藤清史郎)の指示で浜岡(青木柚)らが教室に忍び込み、3年D組の文化祭準備が破壊される。
文化祭を諦めようとする生徒たちを九条は説得、瑞奈は「世界一のアーティストになる」と宣言。
体育館イベントでは最後に瑞奈が椎名林檎の「17」を歌い、文化祭は大成功。
九条が鵜久森(芦田愛菜)も人生2周目であることに気づき、東風谷(當真あみ)は鵜久森に「好きかもしれない」と告げる。

最高の教師 第5話の3行あらすじ
九条は文化祭のある催しの責任者に瑞奈を指名する。
瑞奈はクラスの皆と交わることなく日々を過ごしてきており、断るつもりで九条を追いかける。
九条に「ある問題が起こり、今年の文化祭はなくなる。それを止められるのは瑞奈だけ」と言われる。
最後にはこの物語を揺るがす「ある事実」が判明する。

放送日:2023年8月12日

サブタイトル:拝啓、変り者と呼ばれる貴方へ

第5話のネタバレとあらすじを詳しく紹介

第5話のメインとなる瑞奈ニカ
第5話のメインとなる瑞奈ニカ

第5話のあらすじ

最高の教師 第5話
最高の教師 第5話

九条(松岡茉優)にとって『地獄』と称されることになる2学期が始まり、鳳来高校は一か月後に文化祭を控える状況となっていた。―――と、そこで九条は突然文化祭でのある催しの責任者に瑞奈(詩羽)を指名する。学外でプロとして音楽活動をしている瑞奈はそもそも文化祭に参加する意識もなく、その提案に驚きを示す。そんなことをしている暇はないし、そもそもクラスの皆と交わることなく日々を過ごしてきた。その上、皆からはその風貌や行動に対して “変だ”“非常識だ”“調子に乗ってる”と批判されてきた学生生活を送っていた。なのになぜ自分が…と戸惑う瑞奈だったが、その文化祭の催しに引退公演を行う予定であるダンス部の生田(いくた)(莉子)から「有名人風吹かせて私たちの青春をぶち壊すのだけはやめてね」とにらまれ、ますますやる気をなくしてしまう。その担当を断るため九条を追いかけた瑞奈は、そこで九条に告げられる。「文化祭前日、ある問題が生じ、今年の文化祭はなくなります。それを止められるのは瑞奈さん、あなただけです」―――と。 非常識と呼ばれる人、変り者と呼ばれる人、そんな人の中にある誰にも理解されない『大切なモノ』。調子に乗ってると揶揄される人たちへ送る応援歌が始まる。そして……最後にはこの物語を揺るがす『ある事実』が 判明することになる―――!

日本テレビ 「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」公式サイト

第5話予告映像文字おこし

最高の教師 第5話
最高の教師 第5話

蓮(松下洸平)は電話で「文化祭大丈夫そう?」と聞く。

教室で、生田(莉子)「有名人風吹かせて、私たちの青春ぶち壊すのだけはやめてね」と瑞奈に言う。

鵜久森(芦田愛菜)は東風谷(當真あみ)と阿久津(藤崎ゆみあ)に対し「そのめんどくさいがしたかったんだ」と笑顔。

「近づく崩壊」の文字
「近づく崩壊」とは何を意味するのか?

相楽(加藤清史郎)は文化祭準備に沸き立つクラスメイトを見ながら「目に焼き付けてんの、こいつらのお城すぐ消えちゃうかもしれないから」と言う。

九条「あなたの生き様で彼らの常識を変えてください」

瑞奈ニカ(詩羽)
瑞奈ニカが歌うのかも?

瑞奈「今日、ここから私を排除しようとした人へ」

第5話のネタバレ

最高の教師相関図第4話まで
最高の教師問題児グループ相関図

■瑞奈ニカのモノローグ

いつからだろう。
誰もが私を知っているのに「誰もが私自身を知らない」ことに愛想がつきてしまったのは。
みんなが同じ方向を向き、同じ話をしている時も
私は違う方を向き、違うことを考えてしまう。

■3年D組(文化祭のためのホームルーム)

九条は文化祭の体育館イベントに瑞奈ニカを指名しますが、瑞奈は戸惑います。

鵜久森が「何でも手伝う」というと倉知が「クラスの方も手伝ってもらえる?」と聞き、鵜久森のイラストでクラスTシャツを作ることになりました。

しかし、生田は瑞奈に「体育館イベントの責任者やるなら、有名人風吹かせて、いつもの変人ムーブで私たちの青春ぶち壊すのだけはやめて」と苦言を呈します。

それに対し瑞奈は責任者は断ると教室を出ます。

■九条と瑞奈

責任者を断る瑞奈に九条は「文化祭の前日ある事件が起きて文化祭は中止になる。それを変えられるのは瑞奈さんしかいません。彼らの常識を覆してください」と伝えます。

しかし、瑞奈が鳳来高校に通っていることを週刊誌に書かれてしまい、九条は職員室に呼ばれます。

教頭は九条に、瑞奈は文化祭を欠席させるように言い、九条は1度目の人生ではそれに従いました。

今回は九条は毅然と反論します。

九条
「悪いのは彼女ではなく、騒ぎ立てようとする外側の人間。
その脅威から生徒を守ることが教師の務めではないでしょうか?
どうしたら滞りなく当日を迎えられるか考えるのが担任の仕事です。

ほかの生徒たちの大切な瞬間が奪われるようなことがあれば、
罰せられるのは担任の私です」

ネットの掲示板には瑞奈への悪口が書かれ、翌日瑞奈は再び責任者を断ろうと化学準備室を訪れます。

そこへ文化祭で使う備品をもってきた九条の友人・早乙女が現れます。

早乙女は自身が高校を中退しており、文化祭に出た方が良いと瑞奈を諭します。

早乙女
「家の都合で高校やめて、文化祭直前だったの。悔いとして心に残ってる。今でも夢にみる」
「大事なのは、あなたに嘘がないこと」
「記事が出ても学校に来たってことは、1度は逃げずに戦おうって決めたんじゃないの?」

早乙女は瑞奈のファンでもありました。

早乙女
「自分に嘘をつく必要ない。あなたはいつも、あなたを一生懸命表現する人じゃない」

九条
「瑞奈さんがみんなと同じように最後の青春を経験したいというなら、私は何でもします。
あんな記事なんかで、自分自身は変わらないと世界に抵抗するなら、私のお願いを聞いてもらえませんか」

瑞奈は「考えてみる」と部屋を出ていきます。

■九条と星崎

星崎が化学準備室で九条に「青春とは何か」を聞きます。

九条「わかりません。思い浮かぶのは友達との帰り道のくだらない会話や、文化祭の時の他愛もない口喧嘩。
でも、当時の私はそれを青春とは呼んでいません。
後になって、あれが青春だったなぁと感じるようになっただけです」

その答えに星崎は「人生2周目の人は違うわ~」と言いますが、九条はそれを否定します。

■3年D組

文化祭9日前、クラスの企画も体育館イベントも順調に進みます。

その中で相楽(加藤清史郎)が、「あれ前倒しできる?もう吐き気しかしない」と電話をかけます。

■3年D組への襲撃

夜、何者かが忍び込み、3年D組の文化祭の準備が破壊されてしまいました。

九条はそれを見て教室を去ってしまった瑞奈と話をします。

瑞奈は自分のせいでみなの青春が傷つけられたことに責任を感じていました。そして「私が調子に乗ったから」と言います。

しかし九条は瑞奈を説得します。

九条「傷かどうかはきまっていません。
いま起きていることの全てが未来から見れば青春と呼ぶ可能性のあるもの」

「瑞奈さんのように人から変わっていると評される人は、
自由に生きられることを証明したいのではないですか?」

■3年D組のホームルーム

文化祭をどうするか、ホームルームが開かれます。

瑞奈が泣いて謝罪しますが、生田は「いつも、みんなと違うって変人ぶってイキってるくせに。それをわきまえて行動すべきだってのは普通じゃない?」と責め続けます。

九条
「なぜ皆さんは自分と違う道を歩む人を、調子に乗っていると特別視して糾弾するのでしょう?
好きなことに没頭する人、周りとは別のやり方で挑戦する人も傷つくし涙します。

なせそれが調子に乗っているというイメージだけで片付けられてしまうのか。

そもそも調子に乗ることの何がいけないのでしょうか?
調子に乗ることを否定し続けた先には何があっても自分を信じられない未来が待つだけです」

そして、九条は瑞奈に目標を尋ね、瑞奈はこう答えます。

瑞奈「私は世界一のアーティストになる!
絶対に、確実に、なる。
誰かにとって必要な人間に、絶対に私はなる」

そして九条はみなで調子に乗って何もなかったかのように文化祭を成功させようと提案します。そんなの無理というクラスメイトに鵜久森が言います。

鵜久森
「今回はまだ1週間ある。みなで準備してその日を迎えることができる
誰かに壊されて傷になるくらいなら、皆で調子に乗ったとしてその日を刻みたい」

■文化祭当日

3年D組の喫茶企画は「廃 猫喫茶」として開催されます。

体育館イベントも瑞奈の仕切りで順調にすすみ、生田がダンス部のパフォーマンスの後にマイクで「最後は瑞奈さんに歌ってもらいたい」と裏方だった瑞奈をステージに引っ張り出します。

瑞奈は焦りますが、体育館イベントのメンバーがサポート、ピアノ伴奏は九条の友人の夏穂(サーヤ)がつとめることになりました。

■瑞奈ニカのステージ

瑞奈
「私は昔から「変だ」と言われてきました。誰も私自身を知らないのに。
常識をぶつけてきては矯正しようとしてきました。

そんなもんクソくらえた。普通ってなんだよ?
誰かと違うことでしかできないなら、違った道から渡せるもので、誰かにとって必要な人間になってやる。

そんな気持ちに迷いそうな時にいつも聞いていた曲があります。
今日、ここから私を排除しようとした人へ。
あなたの排除しようとした、この非常識が、あなたに拍手をさせてやります

そういって、瑞奈は自分を勇気づけてきた曲である椎名林檎の「17(セブンティーン)」を熱唱します。

九条はそれを見守り、文化祭は大成功で幕を閉じるのでした。

■九条の思案

九条は防犯カメラの映像で3年D組の襲撃映像を見て、その中に江波(本田仁美)を陥れようとした浜岡(青木柚)がいることを確認します。

そして襲撃された後のホームルームでの鵜久森の発言にも引っかかっていました。

鵜久森「今回は1週間ある

九条はもしかしたら鵜久森も2周目なのかもと思い至ります。九条が鵜久森が2周目と気づいた理由は他にもあります。

<「鵜久森が2周目」と九条が気づいた理由
●鵜久森は、始業式の日に不自然に九条を待っていた
●九条がいじめに気付く前から、鵜久森は九条を訝しんでいた
●鵜久森はすぐに何かを変える行動を選んだ

■文化祭の打ち上げ

文化祭の打ち上げで皆は花火を楽しんでいました。

鵜久森は東風谷と過ごします。

東風谷は「もしかしたら鵜久森さんのことが好きかもしれない」と鵜久森に告げるのでした。

スポンサーリンク

「最高の教師」第5話の展開予想

最高の教師 第5話
最高の教師 第5話

文化祭がなくなるのは何故?

九条は瑞奈に「文化祭前日、ある問題が生じ、今年の文化祭はなくなります。それを止められるのは瑞奈さん、あなただけです」と言います。

このある問題とは何でしょう?なぜ、瑞奈にはそれを止められるのでしょう?

文化祭がなくなるほどなので、何か校内で犯罪が起こるのではないでしょうか。

その陰の首謀者は相楽だと予測します。

その実行犯たちを思いとどまらせるのが瑞奈の生き様!と物語が展開すると考えます。

放送後の追記

文化祭が中止になるある事件とは、襲撃事件でした。

相楽が浜岡たちに連絡してやらせていました。

1度目の人生ではこれは文化祭前日に起きたようです。

2周目では瑞奈が中心で文化祭準備をしたことで、相楽が指示を前倒して1週間前に襲撃事件が起きたんですね。

それで準備をやり直すことができたわけですが、九条もそこまでは予測していなかったでしょう。

瑞奈ニカはドラマの中で歌う?

予告映像では「響け、生き様」の文字と共に瑞奈ニカがマイクの前に立っていました。

もうこれは絶対に歌うと思います。

っていうか聞きたい!

SNSでも詩羽さんの歌を楽しみにしている声がありました。

楽しみですね!!

放送後の追記

詩羽ちゃん、歌いましたね!

しかも椎名林檎の「17」!第5話の内容にもとても合っていたし、ちょっと感動でした。

物語を揺るがす「ある事実」とは?

物語を揺るがすというのはなかなかすごい表現です。

最後に明かされるその事実は「九条の他にもタイムリープしてる人間がいる」ということではないでしょうか。

3年D組の中にタイムリープしている生徒がいる

そう予測します。

それは星崎によって突き止められるのではないでしょうか。

放送後の追記

もう1人タイムリープしているのは、鵜久森でした。

しかしそれに気づいたのは九条でした。

もしも、鵜久森が2周目であることにも星崎が気づいてしまったら、とても面倒くさいことが起きそうですよね。

スポンサーリンク

「最高の教師」第5話の放送後の考察:鵜久森は実は3周目?

最高の教師 第5話
最高の教師 第5話

鵜久森が2周目であることが判明しました。

しかし、これには少し疑問が残ります。

九条の1度目の人生では、鵜久森は1学期で不登校となりその後いなくなってしまうので2学期の文化祭を経験していません。

それなのに何故「今回は1週間ある」と、まるで前回はもっと短かったことを知っているのか。

もしかしたら鵜久森は3周目なのかも?と思ってしまいます。

しかし第6話のあらすじでは「お互いに3周目はない感覚」を共有していますので、それもなさそうです。

ということは、九条の1度目の人生と鵜久森の1度目の人生とは、まるで同じというわけではないのかもしれませんね。

何にしても鵜久森が2周目ということにはびっくりです。

だから、「何かを変えるには自分から行動しなくちゃ」と行動出来ていたんですね。

スポンサーリンク

「最高の教師」第5話の放送後の感想

最高の教師 第5話
最高の教師 第5話

文化祭を中止にさせる事件とは、3年D 組のクラス企画への襲撃でした。

九条は瑞奈を体育館イベントの責任者にしてこれを防ごうとしましたが、ちょっとそれでは襲撃事件を防ぐことはできないんじゃないかと思いました。

九条は1周目の襲撃事件が瑞奈のせいになってしまったことを変えたくて瑞奈を巻き込んだわけですが、実際に襲撃事件が起きてしまっていますし。

瑞奈が鳳来高校の生徒だとバレてしまった
瑞奈を文化祭に参加させたい

そうなったらすべきことは警備を強化することだと思います。

そして、あそこまでされたら警察を呼ぶべき!!

そうなるとドラマが展開しませんけど。

瑞奈ニカを演じる詩羽さんの歌も素晴らしかったですね。選んだ曲もめっちゃよかった!!

第5話のSNSの口コミ感想

第5話はまず詩羽さんへの反響が凄かったです。「17」に感動した人も多かったですね。

そして「鵜久森が何週目か?」ということも話題になっていました。

そして毎回のことですが九条蓮役の松下洸平さんも話題になっていました。今回は蕎麦打ちしたり、文化祭に現れたりしてましたね。

私も松下洸平の打った蕎麦が食べたい。

最高の教師は、松下洸平さんが理想の夫を演じるドラマでもありますよね。

毎回惚れてしまいます。

スポンサーリンク

「最高の教師」第5話のまとめ

最高の教師 第5話のネタバレ
文化祭の体育館イベントの責任者に任命された瑞奈(詩羽)は、1度は断るが九条(松岡茉優)と早乙女(森田望智)の言葉で責任者を務める。
相楽(加藤清史郎)の指示で浜岡(青木柚)らが教室に忍び込み、3年D組の文化祭準備が破壊される。
文化祭を諦めようとする生徒たちを九条は説得、瑞奈は「世界一のアーティストになる」と宣言。
体育館イベントでは最後に瑞奈が椎名林檎の「17」を歌い、文化祭は大成功。
九条が鵜久森(芦田愛菜)も人生2周目であることに気づき、東風谷(當真あみ)は鵜久森に「好きかもしれない」と告げる。

最高の教師 第5話の3行あらすじ
九条は文化祭のある催しの責任者に瑞奈(詩羽)を指名する。
瑞奈はクラスの皆と交わることなく日々を過ごしてきており、断るつもりで九条を追いかける。
九条に「ある問題が起こり、今年の文化祭はなくなる。それを止められるのは瑞奈だけ」と言われる。
最後にはこの物語を揺るがす「ある事実」が判明する。

第5話では、瑞奈ニカ演じる詩羽さんの歌唱が素晴らしかったです。

また鵜久森が2周目の人生を生きていることにも驚きでした。

第6話はどうなるのでしょう?来週が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次