【相関図】最高の教師第3話のネタバレ考察!殺害予告や担任剥奪にどうする九条?

当ページのリンクには広告が含まれています。
最高の教師第3話

2023年7月29日放送のドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」第3話。

第3話では九条里奈(松岡茉優)に対し、殺害予告がされます。これは前の人生では起こらなかったことです。

そして「担任剥奪」の嘆願書も出されたり、夫から離婚の理由を告げられたり、第3話も見どころが盛りだくさんです。

<第3話の見どころ>
●殺害予告を書いたのは誰か?
●「担任剥奪」の嘆願書によって、九条が教室を去ることに?
●工学研究会の眉村(福崎那由他)と日暮(萩原護)はどうなる?
●夫・九条蓮(松下洸平)が離婚を切り出した理由とは?

今回の記事では、「最高の教師」第3話のあらすじとネタバレをまとめました。3話放送後の考察と感想も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

【グループ別相関図】最高の教師第3話のネタバレ・あらすじ

「最高の教師」3年D組相関図
「最高の教師」3年D組相関図(クリックするとPDFが開きます)

最高の教師 第3話のネタバレ
殺害予告を書いたのは眉村と日暮の工学研究会2人で、理由は日常がめちゃくちゃにされた(工学研究会の部屋を問題児グループが占領した)から。
担任変更の嘆願書は相楽に頼まれて東風谷と阿久津が提出。
九条は眉村と日暮に「自分を蔑ろにする人間に合わせる必要はない」、鵜久森は東風谷と阿久津に「大切な人に後ろめたく思ってまで誰かに合わせる必要はない」と言う。
眉村と日暮は相楽に「俺たちをちゃんとハブってくれ」と言い、東風谷と阿久津は嘆願書を撤回する。

最高の教師 第3話の3行あらすじ
3年D組の黒板に「九条里奈を殺害する」と書かれ、校内は騒然とする。
九条はそれを書いたと思われる生徒に「あなたがこの現状を変えたいのならば、何でもする」と告げる。
生徒たちは「九条里奈担任はく奪」の嘆願書を取りまとめ、九条は学校に居られなくなる。
九条は鵜久森を味方として「頼る」と宣言し、その想いを受け取った鵜久森はある行動を開始する。

放送日:2023年7月29日

サブタイトル:拝啓、心優しきあなたへ

第3話のネタバレとあらすじを詳しく紹介

第3話のあらすじ

「九条里奈を殺害する」――3年D組の黒板に九条(くじょう)(松岡茉優)への殺害予告が書き込まれ、学校は騒然となる。野次馬が現れ、教員室も慌てふためき、誰もが口にした。『犯人は一体誰なのか……!?』と。D組の面々は相楽(さがら)(加藤清史郎)たちを疑うが、相楽はそのことを否定。生徒たちもその犯人については誰も分からないままで―――。一方、九条はその犯行の様相から自身に殺害予告を行ったと推察した『ある生徒』の前へと立ちはだかる。そして、その生徒へと真っすぐに告げる。「あなたがこの現状を変えたいのならば……『何でもする』と。 一方の相楽たちは、この殺害予告が何者かに大々的に行われた形跡から既に教室への監視カメラの起動がストップされていることに気づく。そして、生徒同士の目論見により、『九条里奈担任はく奪』の嘆願書を取りまとめ、九条を教室から追放することに成功する。九条は、学校に居られなくなったことにより、この問題を解決するために鵜久森(芦田愛菜)を信頼する味方として『頼る』と宣言。その想いを受け取った鵜久森は、勇気を抱き、『ある行動』を開始する―――。 諦めることを、想像することを、やめる覚悟はあるか――。教室を追われた九条の魂の授業が始まる!!

日本テレビ 「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」公式サイト

第3話予告映像文字おこし

黒板に書かれた「九条里奈を殺害する」の文字
黒板に書かれた殺害予告

黒板に「九条里奈を殺害する」の文字

「殺害予告されてるらしいぞ、お宅の奥さん」と蓮に電話で話す夏穂

机を蹴り飛ばす相楽

相楽「朝の黒板、誰がやった?」

「俺が離婚を言い出した理由なんだけど」と九条里奈に話し始める蓮。

女子生徒「先生帰ってる!マジ上手くいってんじゃん」

ロッカーにたたきつけられる眉村と日暮

九条「何故優しい人ばかりが損を被る世界で過ごさなくてはならないのでしょうか」

九条から鵜久森「あなたにしかできないことをこれからご相談します」

第3話のネタバレ

■3年D組の黒板に「九条里奈を殺害する」と殺害予告が書かれる

殺害予告に教室も職員室も騒然とし、九条は「お騒がせしてすみません」と謝ります。

教頭は「生徒のいたずらと考えるべきかと」とこの件を深く調査するつもりはないようです。

■化学準備室

化学準備室では、九条と鵜久森がお昼ご飯を食べています。

鵜久森は九条が職員室で謝っていたのを見て「何でつらい思いをした人が謝らなくちゃいけないのか」
「私は先生の味方ですから」
と言います。

そしていじめのきかっけとなった「SNSで話題になったこと」とはイラストを描くことであることを明かします。

鵜久森は「実は私、イラストを描くのが好きでお弁当袋を作ってきました」と、たくさんの袋を見せました。

■教室

教室では相楽と迫田が「裏切ったやつは出て行け」と瓜生(山時聡真)と向坂(浅野竣哉)を外に出し、殺害予告について話します。

殺害予告によって「わかったことが3つある」と話す相楽。

<相楽が「わかったこと」
①犯人はどうにか監視カメラを止めた
②九条の目的は生徒を変えることで、本当にヤバいことがない限り動画を拡散しない
③この異常な毎日にお前ら(3年D組の生徒)も腹が立っている

そして「そろそろ舐められるのも飽きた」と、東風谷と阿久津に頼み「担任変更の嘆願書」を書かせる。

■居酒屋「べすとほっぷ」

智美(森田望智)の居酒屋「べすとほっぷ」で開店準備をしながら、瓜生と向坂は殺害予告の件を夏穂(サーヤ)と智美に伝えます。

瓜生は何か出来るか聞きますが、夏穂は「仕事という場所で勝負してる時のことは友達にこそ知られたくないことがある」

「でも、家族は別」と蓮に電話をかけます。

■化学準備室

九条は、カメラの仕様や停止方法がわかるのは工学研究会の眉村と日暮であると推理し、本人たちに理由を尋ねます。

眉村は「先生のせいで俺たちの生活はめちゃくちゃ、それをわかってほしくて」と殺害予告の理由を述べます。

九条がそれなら何故直接言わないのか聞くと、日暮が「僕らなんかが声を上げても」と応えます。

九条は「僕らなんか」の「なんか」という言葉にひっかかります。

そして、1度目の人生で見てきた「2人の研究は全国準優勝を獲得する、4日後その作品は粉々に壊される」ということを伝えます。

九条
「一体何に諦めているのですか?懸命に時間を注いだ青春が壊されることですか?
「僕らなんかと、自分を下に感じるその順番は、どこに存在するんでしょうか?」
「学生が学校で学ぶことは、諦めではありません。変えたいと思うなら、私が何でもします」

■九条家

家に帰ると蓮が気遣って話しかけます。

蓮「学校でいろいろ大変なんじゃない?何かあったらいつでも言ってくれ、俺なんかでよければ

九条が言ったのは「ありがとう」だけでした。

■学校

東風谷と阿久津が「担任変更の嘆願書」を学校に提出します。嘆願書は発起人が東風谷と阿久津で、3年D組ほぼ全員が署名していました。

東風谷と阿久津の親からも申し出があったそうで、教頭は九条を自宅待機という処分にしました

九条が帰る姿を見て、生徒たちは大喜びですが、相楽は「きっちり担任降ろすまで全員逃げんじゃねえぞ」とクラスとメイトを引き締めます。

星崎は「先生がどうするのか楽しみだ」と他の生徒とは違う反応を示します。

「もう工学研究会の部室を返してくれ」という眉村に、相楽は「次にウザいことをいったら次の鵜久森はお前だ」と言い放ちます。

■九条と眉村・日暮

九条は眉村と日暮の前に現れます。

九条
「あなた方を苦しめるのは想像です、こうしたらこう思われるという人間関係もそう。」
「その想像に苦しめられるのはいつも優しい人ばかり」
「なぜ、そんな優しい人ばかりが損をする世界で、日々を過ごさなくてはならないのでしょうか?」

九条
「あなた方にとって彼らに嫌われることがそんなに嫌なこと?」
「そんな風に自分を蔑ろにした人間に合わせる必要はない」

眉村は「どうしたらそんな毎日が送れるますか?」と聞きます。

九条
「相手の反応なんて想像する前に、ただ単純に、心のままに行動すればいいんです」
「諦めることを辞める覚悟はありますか?」

■鵜久森と東風谷・阿久津

鵜久森は、放課後残っている東風谷と阿久津に対し「帰りにくいのは朝のこと(嘆願書提出)で後ろめたさがあるからだよね」と切り出します。

鵜久森
「自分の周りの全ての人に理解されて認めれる必要なんてない」
「自分の大切な人に、後ろめたく思ってまで、誰かに合わす必要なんてない」
「一緒に、後ろめたさに惨めな顔をするのをやめにしない?」

先生に頼まれたから来たのかと問う東風谷と阿久津に対し、鵜久森は「私は本当は優しい二人をカッコいいと思ったから。私はあなたたちのクラスメイトだから」と答えました。

■工学研究会の部室

相楽と迫田が工学研究会の部室を訪れると、問題児グループの荷物が綺麗に片づけられていました。

それに怒る相楽と迫田。しかし眉村と日暮は「ここにはカメラが仕掛けてある」と言います。

相楽の「次の鵜久森確定だぞ?」という言葉に眉村と日暮はこう答えます。

眉村・日暮「俺たちのことをちゃんとハブってください、君たちと仲良くしたくない」
日暮「君たちにハブられることはいいことしかない。関わりたくないだけなんだ」
眉村「すごく簡単に考えたら、君たちにはぶられることは、いいことしかない。僕たちだけで生きていける世界がここにある」
日暮「でも攻撃されるなら君たちを糾弾しなくてはならない
眉村「そんな暇はない、だからちゃんとハブってほしい」

それに対し相楽は「お前らマジで言ってんの?」と脅しますが、眉村は「うん、真剣に」と答えました。

■学校

嘆願書を撤回した阿久津と東風谷に江波(本田仁美)と金沢(田鍋梨々花)がつめよります。

しかし阿久津は反論!

阿久津
「私たちが裏切ったらあんた達が怒られても、あんた達の人間関係なんだから知ったこっちゃない」
「後ろめたい気持ちを持ってまであんたたちに合わせる必要なんてないって私の友達に言われた」

嘆願書の撤回により、九条は教室に戻ります。

放課後、「お昼ご飯を食べる時間がなかったから」と、九条と鵜久森が化学準備室でお弁当を食べていると、東風谷と阿久津も訪れ一緒に食べることになりました。

そこに星崎も現れ、「先生ヤバい、革命起こしてますよ!先生の映画、撮らせてください」と言うのでした。

■九条家

蓮が離婚を言い出した理由を切り出します。

蓮の離婚を言い出した理由
仕事が忙しくなって話す時間がなくなった
「里奈は俺に言いたいことがあって、それを悟ってほしいと思ってるんだろう」と想像するとリビングの前に立つのが怖くなった
だんだん家に帰るのが辛くなった

夏穂と蓮は、九条の殺害予告の件で話をして、蓮が「俺なんかでよければ言ってくれ」と言ったことに対し夏穂は怒った様子。

夏穂「おれなんかっていう、自分を卑下した言い方で、逃げ道残してるような奴に何を相談できるんだ?」


「だから、これから”おれなんか、おれでよければ”なんて絶対言わない」
「びびって想像するのは全部やめる」
「おれが、里奈の辛いこと全部聞くから言ってほしい。ってか言え。だって、おれは里奈が好きで結婚した夫だから」
「離婚の相談も里奈が良ければ無かったことにしてほしい」

そして九条は「わかった」と言い、「これからは何でも聞くから」という蓮に対し「私、2週目の人生なんだ」と告げるのでした。

スポンサーリンク

「最高の教師」第3話の展開予想

第3話は九条への「殺害予告」がなされます。

相楽が「誰がやった?」がと聞いているので、問題児グループの誰かがやったわけでなさそうです。

黒板に九条里奈への殺害予告を書いたのは誰か?

黒板に殺害予告を書いた生徒が、第3話で九条のターゲットになる生徒です。

あらすじには「その犯行の様相から自身に殺害予告を行ったと推察したある生徒」とあります。

では書かれた文字から推察してみましょう。

黒板に書かれた殺害予告
黒板に書かれた殺害予告

黒板に書かれた「九条里奈を殺害する」の文字はかなり大きく、上の方まで書いてあります。ということは背の高い男子生徒でしょうか。

そして文字は殴り書きではなく、比較的丁寧な文字です。

サブタイトルは「背景、心優しきあなたへ」です。

殺害予告を書いた生徒
背の高い男子
丁寧な文字
優しい

難しいですが、藤原大志(山下幸輝)くんではないでしょうか。

山下幸輝さんの身長は170cmです。

藤原大志はこんな人物です。

藤原大志
一際正義感が強く、大義を持った日本男児。
しかし、それは昔の話。
「ある問題」を起こし話題になった男。

この「ある問題」も一緒に明かされるのではないでしょうか。

山下幸輝さんについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

放送後の追記

殺害予告を書いたのは、工学研究会の眉村と日暮でした。

九条は、監視カメラの仕様を理解できて停止方法を知っているという理由で眉村と日暮だと推理していました。

確かにその通りですね。

九条から信頼された鵜久森がする「ある行動」とは?

予告で、九条は鵜久森に「あなたにしかできないことをこれからご相談します」と言っていました。

私だったら鵜久森さんには、いじめの全てを教育委員会に訴えてほしいですが、それはドラマが終わってしまいますし、九条の考えはきっと違いますよね。

鵜久森は第2話で、自分の世界を自分で変えようと努力していました。

九条はそんな鵜久森だからこそ信頼し、殺害予告を書いた生徒に寄り添ってほしいと頼むのではないでしょうか。

そしてその生徒は九条と鵜久森の優しさで、自分の世界を変える決意をするのだと思います。

放送後の追記

鵜久森が働きかけたのは、嘆願書の発起人にさせられた東風谷と阿久津でした。

鵜久森が東風谷と阿久津に伝えた言葉
後ろめたく思ってまで、誰かに合わせる必要はない
本当は優しい二人をカッコいいと思っている
友達になりに来た

この言葉で東風谷と阿久津は自分の世界を変える決心をしたんですね。

夫・九条蓮(松下洸平)が離婚を切り出した理由とは?

第2話で離婚の理由を聞かれて蓮は「ずっとこの日々続くのが怖くなったのかもしれない」と曖昧なことを言いました。

第3話の予告では「俺が離婚を言い出した理由なんだけど」と切り出しているので、もう少し具体的な離婚理由が聞けそうです。

こちらは「令和3年司法統計年報」の「婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別」から見た男性側の離婚理由です。

離婚の理由(男性側)
1位:性格が合わない
2位:精神的に虐待する
3位:異性関係
4位:家族・親族と折り合いが悪い
5位:浪費する

第1話で九条は50万円を瓜生に渡すとき、ちゃんと蓮に断っていましたし、それを蓮は珍しく感じていたようなので、「浪費する」はないですよね。

ドラマには親族の描写も出てきません。九条がモラハラという印象もありません。

こうなると、「根本的に性格が合わない」と蓮が感じているか、実は好きな女性ができてしまったとかなのかなと思います。

好きな女性ができたことをきっかけに「ずっとこの日々続くのが怖くなった」「里奈とは性格が合わないかも?」と感じ始めたのではないでしょうか。

それにしても明確な理由も言わずに離婚届を突き付けるなんて、身勝手な夫だよ!!

早く蓮の離婚の理由が知りたいです。

放送後の追記

蓮の離婚を言い出した理由は「時間が無くなって会話が少なくなって、里奈の言いたいことを想像すると怖くなった。家に帰るのが辛くなった」というものでした。

本当の理由も身勝手だな!!

勝手な想像で自分の中の恐怖心を育てて離婚言い出すなんて、自己中心的だなと個人的には思いました。

スポンサーリンク

「最高の教師」第3話の放送後の考察

第3話のポイントは「優しさ」と「おれなんか」という自分を卑下する言葉でした。

鵜久森の描いたイラストも気になりました。

「優しさ」を誰に使うか

優しい人ほど「自分が言ったことが相手にどう捉えられるか」とか「自分のしたこととが相手との人間関係にどう影響するか」って考えてしまいますよね。

第3話では、そんな優しい人たちに「その優しさは大切な人に使おう」と伝えているのだと思います。

全ての人に理解される、全ての人に好かれる、なんてことは無理だし、目指す必要もありません。

それによって疲弊するのは自分です。

眉村、日暮、東風谷、阿久津は九条と鵜久森の言葉によって問題児グループと関わる必要がないことに気づきました。

そして阿久津は「あなたたちとは関わりたくない」「あなたたちにどう思われようが関係ない」と問題児グループに伝えることができました。

これは九条と鵜久森の言葉が後押しをしたんでしょうが、眉村、日暮、東風谷、阿久津のそれぞれが1人じゃない、ということも重要なんだと思います。

1人で「あなたたちと関わりたくない」と言えるほど、人は強くないですよね。

眉村には日暮がいて、日暮には眉村がいた
東風谷には阿久津がいて、阿久津には東風谷がいた

信頼できる仲間がいるからこそ自分の言いたいことが言えたし、自分の「優しさ」は自分の大切な人に使おうと思えるのではないでしょうか。

問題児グループに毅然と反論した阿久津由利を演じているのは、藤崎ゆみあさんです。

藤崎ゆみあさんについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

▷▷藤崎ゆみあの高校や中学はどこ?モデルの経歴や旧芸名などwikiプロフィールを紹介!◁◁

「僕なんか、おれなんか」という自分を卑下する言葉

眉村と日暮は「僕たちなんかが言っても何も変わらない」、蓮も「俺なんかでよければ何でも聞く」と言い、九条はこの「なんか」という言葉に引っかかっていました。

夏穂も蓮に対し「『おれなんか』なんて自分を卑下した言い方で、逃げ道残してるような奴」と言ったようです。

この「なんか」という言葉ではなくても、自分を卑下する言葉を使ってしまうことは多いんじゃないでしょうか。

私も自分に自信が持てませんし、褒められても感謝されても「とんでもないです」と言いがちです。

謙虚さは美徳でもあるけれど、でも度を超すと「逃げ道を残している」ということになり、信頼を損なってしまいます。

自分の世界を本気で変えるには「僕たちなんか」というスタンスでは変えられない。

何かを変える時は「僕たちこそが」と自分自身を変える必要がありますね。

ただ私は、蓮の「おれなんかで良ければ話を聞く」という言葉は、相談者のハードルを下げるという意味では、有効なのではないかと思っています。

鵜久森のイラストは誰が描いている?

劇中では、鵜久森が自分が描いたイラストをお弁当袋にして、九条、東風谷、阿久津にあげていました。

「もしかして、これは芦田愛菜ちゃんが描いているのでは?」と思ったのですが、描いているのは「なつめさんち」というイラストレーターさんでした。

https://twitter.com/natsume_sanchi/status/1685467684706938880?s=20

ご夫婦で、YouTubeのゲーム実況やイラストを描かれているようです。

鵜久森叶の絵を担当したのは夫の「げん」さんです。

スポンサーリンク

「最高の教師」第3話の放送後の感想

私は正直、蓮の離婚を言い出した理由にドン引きでした。

蓮の離婚を言い出した理由
仕事が忙しくなって話す時間がなくなった
「里奈は俺に言いたいことがあって、それを悟ってほしいと思ってるんだろう」と想像するとリビングの前に立つのが怖くなった
だんだん家に帰るのが辛くなった

え?それでいきなり離婚届をつきつける?まずは話し合いじゃない?結婚って2人のことだよね?と思ってしまいました。

しかしネットでは蓮のその後の「辛いことは何でも言ってほしい。ってか言え」に好反応。

https://twitter.com/umanokom6/status/1685689028300206080?s=20

確かに松下洸平にあんな言い方されたらキュンってきちゃうけど!

それから、工学研究会の眉村と日暮の「俺たちをハブってくれ」の土下座も面白かったです。

そういう攻め方があるのか!って思いました。

第3話のSNSの口コミ感想

SNSでも「ちゃんとハブってくれ」には反響が大きかったです。

最後に九条が蓮に「人生2周目」と告白するシーンが、「ブラッシュアップライフみたい」と話題になりました。

松下洸平の演技に対する反響も大きかったです。

松下洸平さん、確かに声もいいですよね。

スポンサーリンク

「最高の教師」第3話のまとめ

最高の教師 第3話のネタバレ
殺害予告を書いたのは眉村と日暮の工学研究会2人で、理由は日常がめちゃくちゃにされた(工学研究会の部屋を問題児グループが占領した)から。
担任変更の嘆願書は相楽に頼まれて東風谷と阿久津が提出。
九条は眉村と日暮に「自分を蔑ろにする人間に合わせる必要はない」、鵜久森は東風谷と阿久津に「大切な人に後ろめたく思ってまで誰かに合わせる必要はない」と言う。
眉村と日暮は相楽に「俺たちをちゃんとハブってくれ」と言い、東風谷と阿久津は嘆願書を撤回する。

最高の教師 第3話の3行あらすじ
3年D組の黒板に「九条里奈を殺害する」と書かれ、校内は騒然とする。
九条はそれを書いたと思われる生徒に「あなたがこの現状を変えたいのならば、何でもする」と告げる。
生徒たちは「九条里奈担任はく奪」の嘆願書を取りまとめ、九条は学校に居られなくなる。
九条は鵜久森を味方として「頼る」と宣言し、その想いを受け取った鵜久森はある行動を開始する。

九条が伝えたかったこと
自分を蔑ろにする人間に合わせる必要はない
相手の反応なんて想像しないで、心のままに行動すればいい

九条は、問題児グループの反撃も見事にかわしましたね。

第4話も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次