最高の教師最終回、ネタバレ考察相関図!星崎(奥平大兼)が九条(松岡茉優)を突き落とす犯人!

当ページのリンクには広告が含まれています。
最高の教師最終回、ネタバレ考察相関図、犯人は星崎?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年9月23日放送のドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」最終回(第10話)のネタバレ考察です。

第9話のラストで九条は自分を突き落とした人物が誰か分かっている様子でした。

その人物はやはり星崎なのでしょうか?卒業式の日、九条の運命は、結末はどうなるのでしょう?

また予告映像では「■された」の■の伏せ字の部分が剥がれていっていましたが、その意味は明らかになるのでしょうか?

<最高の教師 最終回の見どころ>
●九条を突き落としたのは誰か?
●突き落とす理由は何か?
●2周目も九条は突き落とされるのか?
●九条を刺したのは誰か?
●「生徒に■された」の■(伏せ字)は何か?

今回の記事では、「最高の教師」最終回のあらすじとネタバレをまとめました。最終回の予告を見て最新の考察をしています。最終回放送後の考察と感想も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

「最高の教師」最終回(第10話)のネタバレ・あらすじ・予告

最高の教師3年D組相関図
最高の教師3年D組相関図(クリックするとPDFが開きます)

最高の教師 最終回のネタバレ
1周目で九条を突き落としたのは星崎(奥平大兼)。
星崎は、無感情・無感動で世界を白黒のように感じていた。九条のおかげでこの1年は違ったが、それでも変われない自分に絶望し「一緒に死んでくれない?」と九条に頼むも断られる。
九条は星崎に「自分で自分を信じて」というも星崎は「心が動かない」と飛び降りる。
九条は星崎の手を掴み、蓮やクラスメイトも駆けつけ、星崎を引き上げる。
一安心して戻る途中、浜岡が九条を刺す。
鵜久森の「先生に託します」という言葉で九条は目を覚まし、ベッド上で「卒業おめでとう」と生徒たちに言う。

最高の教師 最終回の3行あらすじ
九条里奈は自分の死の未来を変えるため”何でもする”覚悟で駆け抜けた。
再び迎える卒業式の日、同じ場所で”あの人物”と対峙する。
九条の前に現れるのは誰で、その運命はどうなるのか?

放送日:2023年9月23日

サブタイトル:『変わらない』と諦める貴方へ

最終回(第10話) あらすじ

最高の教師 最終回までの最新相関図
第9話までの相関図(PDFが開きます)

1年前、突如与えられた2周目の人生。生徒に突き落とされた自らの死の未来を変えるため、“何でもする”覚悟を決めた九条(松岡茉優)は、ただひたすらに駆け抜けた。この世界を「変えよう」と。その思いに、これまで無自覚に人を傷つけ、無自覚に我慢をし、無自覚に見過ごしてきた3年D組の生徒たちも一人、また一人とその「本気」を解放してきた。そして再び迎える、“あの卒業式の日”…。九条は1年前と同じ場所で、………“あの人物”と対峙する! 果たして九条の前に現れるのは誰なのか!?その「運命」の結末は!? 「変わらない」と諦める貴方へ……、九条が贈る最後の授業-―。言葉の1つ1つを貴方に目掛けて懸命に送り出す、魂込めた最終回!!

日本テレビ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」

最終回(第10話)予告映像文字おこし

九条のモノローグ
いつからだろう?
2周目の人生で自分を信じて立ち上がることの強さを教師の私の方が教えてもらうようになっていたのは。


「ないのか?鵜久森さんが言ってたみたいに、明日が来る感覚が」

九条
「蓮、ありがと。いってきます」

蓮への「ありがと」の言い方がなんかジーンと来た…
この表情もいい。
九条里奈に明日が来ますように!!

最終回(第10話)ネタバレ

■3年D組

10月中頃、野辺(田牧そら)と金澤(田鍋梨々花)が復学、11月下旬には家庭裁判所で保護観察処分となった西野(茅島みずき)も復学します。

鵜久森の席には卒業式の日まで忘れられずに花が飾られ、生徒たちは鵜久森に進路の報告などをするようになりました。

そして九条は鵜久森が言っていた「自分に明日が来る感覚がない」ということを感じていました。

■べすとほっぷ(卒業式前日)

べすとほっぷでは、九条、夏穂、智美が集まって店の1周年を祝います。

夏穂(サーヤ)
「あんた(智美)が勝手に高校辞めた時、泣いた、マジで。
絶対助けたい2人のうち1人見逃した、くやしかった。
だから2人が困っている時は絶対助ける」

智美(森田望智)
「あの時は本当にごめん。
友達っている存在が周りにありふれてたから親友って本気で思ってなかったかも。
2人が居てくれたおかげで夢がかなえられた。
2人とまた会える店を作りたかった。
80歳になってもこの日に2人とお酒を飲むのが目標」

九条は「明日が来る感覚がない」などということは2人は言わずに過ごします。

帰宅した九条は夫の蓮に「これは私の挑戦だから絶対に巻き込まれようとしないでね」と言います。

■卒業式当日の九条家

蓮は朝ごはんに結婚して初めて作った料理(おにぎり)を作ってくれました。

2人は「お花見の団子は粒あんかこしあんか」という話をし、蓮は「じゃ来週花見行って両方食おう」と言いますが、九条は複雑な表情を見せます。


「ないのか?明日が来る感覚が。
結婚5年目だし海外でもいくか。未来の話をそんな顔で聞くな。
里奈は生きてる、生きる!
もしそんな感覚がないっていうなら俺が未来の話をする。」

そして蓮は「今日(卒業式)に行かない選択肢ないのか」と尋ねますが、九条は「ない」と答えます。

九条
「鵜久森さんも最後だと思ったから戦いに行ったわけじゃない。
私も最後だと思っていくわけじゃない」

決心の固い九条に蓮は「俺たちは、これからも馬鹿な話をするんだ」と言い、九条は「もう言えないかもしれないから…。好きだよ」と告げます。

■卒業式当日

3年D組の生徒は無事に卒業式の日を迎えました。

卒業式終了後、九条は渡り廊下にいました。その九条の背中を誰かが押そうとしますが九条は振り向いてそれを防ぎます。

九条
「やっぱりあなただったんですね、星崎くん」

その相手は星崎でした。

星崎
「何でわかったの?おれが先生のことを突き落とそうとしていること。
あ、やっぱり2周目でしょ?」

<九条が星崎が犯人だと気づいた理由>
●人を突き落とす時、どうなったか気になって突き落とした相手を見るのが普通
●しかし1周目で自分を突き落とした人物は九条を見なかった
●自分を突き落とした人物は無感情だったのではないかと思った
●星崎はどんな時も客観的に物事を見ていることに気づいた

そして九条は星崎が絶望していることに気づいており「あなたは私を殺した後、自らの命を絶とうとしているのでは?だから私はここに来ました。」と星崎に言います。

星崎
「小学校の頃に坂道をブレーキをかけずにおりて壁にぶつかった。
みんなヤバいやつを見る目で俺を見てた。
その頃かな、自分がおかしいって気づいたの。
ずっと思ってた、何で誰も変えてくれないんだろって。

星崎
「景色みたいに見えてくるんだ、白黒の。空しい世界。
でも今年1年は本当に違った。
白黒の景色の中に色つきの人間が出てきたんだ。
先生が変えてくれた。すごい楽しかった」

星崎
「(鵜久森のことで)それぞれに考えて向き合うって先生が言ってたけど
俺は何を考えればいいかわからなかった。
先生が世界を変えてくれたけど、変わらないのは俺だけだった」

星崎
「もし永遠に続くって思ったら怖い。
先生、何でもするって言ってたよね。
先生、おれと一緒に死んでくれない?」

それに対し九条は「それはできない。私が何でもするのは生徒を変えるため、終わらせるためじゃない」と断ります。

星崎は「おれ、おかしいよね」と言いますが、九条は「おかしくない」とこたえます。

九条
「おかしくないよ
色を失った世界で淡々と過ごすこともある。
でもこの1年で色を失ったのは自分だと気づいた
しらける前に信じてほしい。自分ならできると信じて。
変わらないなんて、しらけないで。
もう少し一緒にこの世界を楽しんでみませんか?」

九条はそう星崎に訴えます。

星崎
「ごめん、先生言ってることわかるんだけどさ
やっぱ動かない、俺の心。
悲しいね」

そう言って星崎は飛び降りてしまいますが、九条は星崎の手を掴みます。

星崎は「放してよ、先生も一緒に死んじゃうよ」と言いますが、九条は「私は死なない、待っててくれてる人がいる」
あなたにもいる」と手を放しません。

そこに3年D組の生徒が走ってきます。

星崎
「色がついてる」

渡り廊下に蓮が現れて星崎を引き上げます。蓮は心配して九条を探していたのでした。

相楽も浜岡に聞いていて星崎が何かするのではと思っていました。

九条は星崎に聞きます。

九条
「星崎くん、このクラスメイトがいてもあなたの人生は空しいですか。
色のない世界に見えていますか?」

星崎
「わかんない、でも、今の景色は一生忘れないんだろうね」

九条
「十分だと思います、生きていくのには」

■校舎へと戻る

渡り廊下を降り、教室へと戻る道で九条は生徒たちから遅れ、誰かにナイフで刺されてしまいます。

刺したのは浜岡でした!

九条は薄れていく意識の中で考えます。

九条
私は本気で生徒にぶつかると決めた
でも本気でぶつかってくれたのは生徒だ
私にとっての最高の教師は生徒の方だった

そして、鵜久森の「先生にバトンを託します。過去の私みたいな生徒が生まれないような教室に、無自覚に人を傷つけるような世界を少しでも変えて」という言葉で目を覚まします。

一命を取りとめ、病院のベッドで目を覚ました九条に蓮が寄り添い、生徒たちが駆け寄ります。

九条
「蓮、助けれくれてありがとう
皆、あらためて卒業おめでとう」

生徒たちは笑顔や泣き顔で九条の無事を喜びます。その中に九条は鵜久森の姿も見ていました。

九条
私は生徒に託された、この世界をこれからも生きて変え続けることを。

スポンサーリンク

「最高の教師」最終回(第10話)の結末予想

九条は卒業式に自分を突き落とす人物の目星をつけていました。

最終回はその人物との対峙が鍵になります。

また予告映像では「1年後、私は生徒に■された」の■が少しずつ剥がれていました。

この文字が何なのかも予想してみました。

九条里奈を突き落とす犯人は誰か?

卒業式の日、九条里奈を突き落とす(落とした)生徒が誰かですが、やはり星崎透だと思います。

第9話で、西野らを探すシーンでも星崎は最後まで立とうとしなかったし、鵜久森の母親の話の時も星崎の表情は「つまんねぇな」みたいな表情でした。

3年D組の情報を浜岡に流していたのも星崎だと思います。

しかし、星崎が九条を突き落とす理由は何なのでしょう?

最終回のサブタイトルは「『変わらない』と諦める貴方へ」です。

第3話の冒頭、星崎はモノローグでこう語っています。

星崎透
いつからだろう。
俺がこの高校生活を景色のようにただ眺めて過ごすようになったのは。
でも最近はその景色が急に歪んできたんだ。
この世界はなんでも起きることを知り始めたから

「眺めて過ごすようになったのは」というあたり、「変わらない」と諦めている印象を受けますよね。

星崎は九条が3年D組の生徒を変えるのを楽しんでいましたが、自分で世界を変える努力はしていませんでした。

星崎は何か理由があって「変わらない」と諦めているのでしょうか。九条を突き落とすことで何かが「変わる」のでしょうか。

星崎自身が何度もタイムリープをしていて退屈だから?とも考えますが、そこまで行ってしまうとSFの要素が強すぎますよね。

星崎にはもっと根深い理由や背景があって、最終回では九条が彼の心を解き放ってくれるのだと思います。

そして九条は突き落とされない!という結末を予想します。

■追記

1周目で九条を突き落としたのは星崎でした。

やっぱりねー!

しかし、星崎がそうしてしまったのは、星崎が自分自身や世界に絶望していたからでした。

何とも切なすぎる理由です。

2周目では星崎は九条を突き落とせませんでしたが、浜岡に刺されてしまいました。

SNSでの犯人予想

SNSでも星崎犯人説が多いです。

https://twitter.com/shinjinceo/status/1703050264872386785

蓮が犯人という説も少ないですが、ずっと言われています。

蓮が…松下洸平が犯人なんて絶対嫌だ!!

「私は生徒に■された」の■が剥がれてる!伏字には書いてある?

最終回の予告映像の最後には九条里奈の笑顔と「1年後、私は生徒に■された」の文章でした。

この■の部分が少しずつ剥がれて、下の文字が見えそうになっていました。

拡大してみましたが、よくわかりません。

残念~~。

私は何となく「騙された」に見えるんですが、そうするとドラマとしては夢オチだった~みたいな展開になっちゃいますよね。

九条は殺されずに、「犯人の思いを託される」ということで「託された」ではないかと予想します。

■追記

「■された」は「託された」でした。

しかし犯人(星崎)の思いではなく、鵜久森の「無自覚に人を傷つけるような世界を変えて」という思いでした。

スポンサーリンク

「最高の教師」最終回(第10話)の放送後の考察

1周目で九条を突き落とした犯人は星崎でした。

そして2周目で九条は死ぬ気で生徒と向き合ってきましたが、それでも星崎は変わらず九条を殺そうとしました。

その理由は「自分は人と違う、心が動かない、世界に色がない」という虚無感です。

正直、ここまでの虚無感があったらしんどいだろうなとは思いました。

友達と一緒でも心から笑えない、大事な人が死んでも悲しめない、九条がクラスを変えてくれたけれど、自分自身はやはり変わらなかった、これが永遠に続くのかも…星崎の絶望はここにありました。

SNSでは、星崎の気持ちがわかる人が結構いて驚きました。

https://twitter.com/tw_10c/status/1705608731831189850

おそらく感情の感じ方や心の在り方、敏感さみたいなものは人によって質も量もすごく違うんでしょうね。

これは努力でどうにかなるものではないですよね。

変われない星崎に気づいて、寄り添う九条先生はさすがでしたし、星崎のようなタイプを最後の犯人として描く脚本もすごいですね。

見事に星崎透を演じた奥平大兼については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

▷▷奥平大兼は両親と妹の4人家族!父親のお店牛タンバーグの場所はどこ?◁◁

▷▷奥平大兼の学歴まとめ!大学や中高一貫の東京成徳の場所と空手歴を調査!◁◁

スポンサーリンク

「最高の教師」最終回(第10話)の放送後の感想

最終回の感想は「九条先生が死ななくて良かったー」です。

星崎くんに突き落とされず、星崎くんも助かったのに刺されてしまって「えー運命は変わらないの?」って思いました。

目が覚めて本当に良かったーー!!

あとは、星崎くんの犯行理由が切なかったです。切ないと言う表現で良いのかわかりませんが、他に何といえばいいのか言葉が見つからないです。

まあ、人を突き落とすのはどうかと思いますがね。

最終回(第10話)のSNSの口コミ感想

最終回は星崎透を演じた奥平大兼さんの演技がすごいと話題になっていました。

あと、毎度のことですが蓮(松下洸平)も話題でしたね。

松下洸平の九条蓮は「#最高の夫」とタグができるほど!

最終回も「明日が来る感覚がない」という妻に未来の話をし続けて、危機一髪のところで駆けつけてくれて、本当にかっこよかったです!!

スポンサーリンク

「最高の教師」最終回(第10話)のまとめ

最高の教師 最終回のネタバレ
1周目で九条を突き落としたのは星崎(奥平大兼)。
星崎は、無感情・無感動で世界を白黒のように感じていた。九条のおかげでこの1年は違ったが、それでも変われない自分に絶望し「一緒に死んでくれない?」と九条に頼むも断られる。
九条は星崎に「自分で自分を信じて」というも星崎は「心が動かない」と飛び降りる。
九条は星崎の手を掴み、蓮やクラスメイトも駆けつけ、星崎を引き上げる。
一安心して戻る途中、浜岡が九条をナイフで刺す。
鵜久森の「先生に託します」という言葉で九条は目を覚まし、ベッド上で「卒業おめでとう」と生徒たちに言う。

最高の教師 第10話の3行あらすじ
九条里奈は自分の死の未来を変えるため”何でもする”覚悟で駆け抜けた。
再び迎える卒業式の日、同じ場所で”あの人物”と対峙する。
九条の前に現れるのは誰で、九条の運命はどうなるのか?

星崎透が九条里奈を1周目で突き落とした犯人でしたが、2周目では自分で飛び降りました。

九条も星崎も助かってよかったです。

登場人物の言葉が心に刺さるものばかりでした。

彼らの未来がどうなるのか、続編が見たいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次