「最高の教師」第1話ネタバレ考察!芦田愛菜の熱演がすごかった!

当ページのリンクには広告が含まれています。

「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」が2023年7月15日に始まりました。

このドラマは、3年D組の担任・九条里奈(松岡茉優)が卒業式の日に担任生徒の誰かから突き落とされ、始業式の日にタイムスリップし自分の「死」という運命を変えるために、容疑者である30人の生徒と向き合う学園ドラマです。

第1話となる初回は、卒業式に担任生徒から突き落とされ始業式の日に戻るという内容です。

鵜久森叶を演じる芦田愛菜さんの演技が凄いと話題になりました。

今回の記事では、「最高の教師」1話のあらすじとネタバレをまとめました。 1話放送後の考察と感想も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

「最高の教師」第1話のネタバレ・あらすじ

卒業式の日の九条里奈
卒業式の日の九条里奈

最高の教師 第1話のネタバレ
1年前に戻った九条里奈(松岡茉優)はただ生徒に寄り添うだけでは何も変えられないと悟る。
九条は盗聴器と監視カメラを仕掛け、生徒の鵜久森へのいじめを暴く。
鵜久森はいじめられていることを告白し、九条は鵜久森の高校生活を変えることを約束する。
帰り道、これから夫から離婚届を突き付けられることを思い出す。

最高の教師 第1話の3行あらすじ
九条は無事に1年間を終え卒業式を迎えられて安堵感を感じていた。
九条は上階から担任生徒の誰かに背中を押され突き落とされる。
地面に落ちる瞬間、1年前の始業式の日に戻り、九条は自分の「死」を変えるために生徒と本気で向き合う決心をする。

放送日:2023年7月15日

サブタイトル:拝啓、傷ついた貴方へ

第1話のネタバレとあらすじを詳しく紹介

九条里奈
九条里奈
3年D組の生徒
3年D組の生徒(クリックするとPDFが開きます)

第1話のあらすじ

●九条里奈(松岡茉優)は3年D組の担任として、生徒と適切な距離と適切な判断を選ぶだけの1年を過ごし、卒業式の日は感動や感傷ではなく安堵感を感じていた。

●九条は上階の吹き抜け廊下で、3年D組の誰かに背中を押され落下する。

●しかし地面に着く直前に始業式の日の3年D組の教室に戻る。

●九条は、自分の死を回避するために30人の生徒(自分を殺す容疑者)との向き合い方を変える決心をする。

鳳来高校3年D組の担任教師・九条里奈(松岡茉優)は、涙一つ流れぬ卒業式を迎えていた。様々なハラスメントや人間関係に配慮が必要なこの時代に、そしてたった一つのミスが人生を180度変えてしまうこの時代に、九条は教師としてただただ適切な距離と適切な判断を選ぶだけの1年を過ごした。そんな1年に感動や感傷の想いはない。そこにあるのは無事に1年を終えたことに対しての『安堵感』だけであった。巣立つ生徒を上階の吹き抜け廊下から見つめる九条。青く澄んだ空を見つめ、心にある葛藤を吐き出すように溜息をもらし、職員室へ戻ろうとした、——— その時。九条の背中に強烈な衝撃を受ける。

上階から落下する九条。慌てふためく中、その視界に入ってきたのは、自分の背中を押したであろう何者かの『生徒の手』であった。その 『犯人の手元』には“D組 卒業おめでとう”と記された深紅のコサージュが。『……私は生徒に殺された』。そう理解し正に地面に着きそうになった……その瞬間、——— ハッ!と目を開けると、なぜかそこは3年D組の教壇の前であった。目の前には30人の生徒。黒板には『令和5年4月6日』という1年前の始業式の日付。笑顔でクラスメイトと会話をする生徒たちを見て……九条の手は震える。なぜなら、今九条の目に映る人々は——— 1年後、自分を殺す『30人の容疑者』だからだ。

自分の『死』の未来を変えるため、生徒との向き合い方を改めていく九条。しかし、教師の想いを生徒に届けるということがとても難しいこの世の中に、九条はある『覚悟』を決めることとなる。自分を殺した生徒は誰か。そしてこの1年の中で『離婚』をすることになっていた夫との関係、友人関係や職場の人間が織りなす空気。九条の人生の中に存在する全てと立ち向かう二度目の1年が、今始まる。あなたが聞きたかった言葉、巡り合いたかった人は、きっとこのドラマの中に居る。

日本テレビ 「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」公式サイト

九条はやり直しの1年でまったく違う先生になりそう!

九条が変わることで、離婚予定の夫との関係や友人関係、職場の人間関係にも影響を及ぼしそうです。

それぞれ一癖ありそうな3年D組の生徒たちと、九条はどんな風に生徒と向き合っていくのか。

とても楽しみです。

第1話の予告映像文字おこし

最高の教師第1話の予告の画像
第1話の予告の画像

モーツアルトのレクエイムがBGMとして流れる中で、九条里奈が教壇に立つ。

3年D組の生徒たちは喋ったり音楽を聴いたり、自由気ままに過ごす。

九条里奈のモノローグ
笑顔を浮かべる30人の生徒たちを見て、私は震えが止まらなかった。
何故ならこの生徒たちは私を殺す30人の容疑者なのだから。

意味ありげな表情を見せる生徒たち

九条「あなたたちのために何でもします」

教師「問題児ばっか最終学年で固めて、厄介払いってやつですかね」

不満・SNS・いじめ・格差・暴力・スクールカースト・掃き溜め・問題児の文字

九条の夫「どうした変な顔して、大丈夫か?」

九条の友人「あんた気を付けなよ」

九条が押されて落下するシーン

鵜久森「寄り添うだけで大人が私たちの世界を変えられると本気で思っているのなら
私は心底軽蔑します

九条「クラスの生徒に何をされていますか?」

教室内で男子生徒が椅子をけり倒す

鵜久森「本当に私は何も言ってない!」と叫ぶ。

九条「世界を変えようと本気で思うなら必要なのは覚悟です」

九条「私、皆さんに言いましたよね?何でもするって」

第1話のネタバレ

九条蓮(松下洸平)と里奈(松岡茉優)の夫婦
九条蓮と里奈の夫婦

■卒業式の日

令和6年3月の日、鳳来高校3年D組の担任・九条里奈は開放感のある渡り廊下で物思いにふけっていました。

九条「今年も嫌になるほど問題が山積したが、私は何もせずに生き抜いた」
「教師とは、私とは、いったい何者なのだろうか」

その時、九条は背中を押され落下します。

しかし地面に着く瞬間に「死にたくない」と強く思い、令和5年4月の始業式の教室にタイムスリップします。

■九条の宣言

自分の死を回避するために九条は初めてのホームルームで宣言します。

九条「生徒の心から困っていることに絶対に寄り添う。あなたたちのために私は何でもします」

すると、何人かの生徒が反応しました。

九条の「何でもする」発言に対する生徒の反応
①東風谷葵:欠席で3年D組(掃き溜めクラス)になった。内申書をかえてほしい。
②瓜生陽介:家が貧乏。50万円かしてほしい

瓜生は1度目の人生の時に転校していました。瓜生が自分を殺すのかも?と思った九条は迷いながらも50万円を渡します。

■カラオケ店

九条は友人に呼びだされたカラオケ店で3年D組の生徒に会います。

<カラオケ店にいた生徒
相楽琉偉、迫田竜輝、西野美月、金澤優芽
野辺桐子、向坂俊二、江波美里、瓜生陽介

瓜生は相楽に言われて九条に50万円を借りたのでした。

この件で、九条はただ寄り添っても未来は変わらないことを悟り「この世界を変えるために変わるべきは私自身」と決心します。

■学校・科学準備室

九条は鵜久森を呼び出し、クラスの生徒から何をされているかを問いただしますが、鵜久森は何も言いません。

九条は1年目の人生で鵜久森のお葬式に出ていて、それを回避したいと考えているようです。

しかし鵜久森は「私は不登校になんてならない」と九条を再度突っぱねました。

■3年D組の教室

科学準備室から出た鵜久森はクラスメイトに教室に連れていかれます。

教室には生徒が全員集合。鵜久森は裁判にかけられ、被告になります。仕切るのは野辺桐子です。

野辺「被告鵜久森さんが罪を犯したと思う人は手を挙げてください」

クラス全員手を挙げます。

九条が教室に来て、今の裁判の音声を聞かせます。九条は盗聴器を鵜久森のカバンに忍ばせていたのです。

また九条は教室に監視カメラも仕掛けていました。

鵜久森の教科書を確認し、酷いいたずら書きがされているのも確認します。

九条
「この中で本当に心から鵜久森さんを憎み、このような仕打ちをしている人はいますか?」
「鵜久森さん、あなたはこのクラスの人たちに何をされたんですか?」
「私はあなたたちに殺される覚悟で来ているんです」
「世界を変えるなら覚悟が必要。今日からはあなたには私がいます。鵜久森さん、私と一緒に戦ってくれませんか?」

すると鵜久森は今までのいじめについて話し始めました。

鵜久森へのいじめの経緯
①鵜久森のある趣味がきかっけでSNSで話題になった
②西野美月やいろんな人に話しかけてもらえるようになって調子に乗っている、キモイと陰で言われるようになった
③直接、誰もが悪口を浴びせるようになった
④3年の教科書が配られると「倫理・現代国語・地理」の教科書に酷いいたずら書きをされた

鵜久森は「私が唯一、学校の中でどうにかできる希望も、この人たちはゲームのように壊していく」
「その姿を見ていたら、この人たちは人間じゃない何かに見えました」と話します。

その後、九条は鵜久森にこれからのことを尋ねました。

鵜久森は「友達と一緒にお昼ご飯が食べたかった。誰かと一緒に、なんでもない話をして学校に来て、なんでもない話をして下校して、寄り道をしたりしたかった」と応えました。

九条は「これからそれを叶えましょう」と鵜久森を力づけました。

■九条の帰り道

スマホで鵜久森が「今日久しぶりに帰り道で泣きませんでした」と送ってきました。

明日の約束をして家の前に着いた九条は今日(4月21日)は、夫から離婚届を突き付けられる日であることを思い出すのでした。

スポンサーリンク

「最高の教師」第1話の展開予想

最高の教師の3年D組の教室
3年D組の教室

第1話の序盤は、卒業式の日。

3年D組の担任・九条里奈と生徒たちは、深い信頼関係も作れないまま1年間を過ごし、卒業を迎えてもお互いに感動などはありません。

卒業式の日もたんたんと過ぎていき、九条は上階の吹き抜けで安堵感を感じていました。

そんな時、後ろから誰かに押され落下。自分を押した手は3年D組の生徒。

地面に着く直前、1年前の始業式の日にタイムスリップし、九条は3年D組の教壇に立ち自分を殺す容疑者である30人の生徒を目の前にして震えます。

その後、化学室で鵜久森叶(芦田愛菜)にある相談を受けます。

1年前も同じ相談を受けていましたが、九条は問題に向き合わず鵜久森は1学期で不登校になりました。

もしかしたら私を殺すのは鵜久森?と考える九条。

自分の「死」という運命を変えるには、生徒と本気で向き合っていかなくてはいけないと知った九条は、鵜久森の問題をどう解決できるか考えます。

そんな感じで初回は展開するんじゃないかなぁ。

<放送後の追記>

まさかあんなに早い段階で九条が突き落とされるとは思いませんでした。

そして鵜久森へのいじめが初回で明らかになったのもびっくりです。

鵜久森は九条に相談はしていませんでしたね。むしろ、いじめを聞き出そうとする九条を拒絶していました。

九条のことを信頼していなかったんでしょうね。

スポンサーリンク

「最高の教師」第1話の放送後の考察

化学室での九条と鵜久森
化学室での九条と鵜久森

第1話は、3年D組の生徒がしている鵜久森へのいじめが物語の中心でした。

九条が何もしなかった場合、鵜久森は不登校になり死亡するようです。

ということは、1度目の卒業式で九条を突き落としたのは鵜久森ではないということになりますね。

それでも、九条は鵜久森を助けました。

鵜久森を助けることが3年D組の生徒を変えることに繋がると考えたのでしょう。

しかし、いじめは本当に解決したのでしょうか。今後、鵜久森が他の生徒とどう関わるのか気になります。

それにしても生徒全員を集めて、裁判にかけるなんて3年D組の問題児たちは本当にタチが悪いですね。

3年D組の問題児
相楽琉偉、瓜生陽介、西野美月、野辺桐子
金澤優芽、向坂俊二、江波美里、迫田竜輝

九条はこれらの生徒たちの問題を解決することになりそうです。

スポンサーリンク

「最高の教師」第1話の放送後の感想:芦田愛菜の演技がすごい!

カラオケ店での九条
カラオケ店での九条、楽しくなさそう。

第1話では芦田愛菜さんの熱演が凄かったです。

クラスメイトに怯える表情、九条を信じていいのか迷う表情、自分へのいじめを涙ながらに語る表情。全てが「さすが愛菜ちゃん」と思う表情でした。

また、好青年っぽい加藤清史郎くんが問題児の中心人物で、しかもいつも笑顔で、というのが本当に怖かったです。

「加藤清史郎くんにこんなことさせるのか」と思っちゃいました。

芦田愛菜さんの演技に関してはこちらの記事もお読みください。

▷▷「最高の教師」芦田愛菜の演技力は?泣きの演技はやっぱりすごい!!◁◁

第1話のSNSでの感想

SNSでも芦田愛菜さんの演技に対する感想が多かったです。

加藤清史郎くんの演技もすごいと話題でした。

「あのこども店長が」と感じた人も多かったようです。

確かに加藤清史郎さんと言えば、可愛いイメージですもんね。その加藤さんがあんなクラスを牛耳っていじめをさせるなんてびっくりでした。

スポンサーリンク

「最高の教師」第1話のまとめ

「最高の教師」第1話のあらすじとネタバレはこちら。

最高の教師 第1話のネタバレ
1年前に戻った九条里奈(松岡茉優)はただ生徒に寄り添うだけでは何も変えられないと悟る。
九条は盗聴器と監視カメラを仕掛け、生徒の鵜久森へのいじめを暴く。
鵜久森はいじめられていることを告白し、九条は鵜久森の高校生活を変えることを約束する。
帰り道、これから夫から離婚届を突き付けられることを思い出す。

「最高の教師」第1話あらすじ
九条里奈(松岡茉優)は無事に1年間を終え卒業式を迎えられて安堵感を感じていた。
九条は上階から担任生徒の誰かに背中を押され突き落とされる。
地面に落ちる瞬間、1年前の始業式の日に戻り、九条は自分の「死」を変えるために生徒と本気で向き合う決心をする。

第1話は、芦田愛菜さん、加藤清史郎さんの演技が光りました。

九条は盗聴器や監視カメラを駆使していじめを解決し、すごかったですよね。

でもあれで本当に解決なんでしょうか。まだ何かありそうな気がします。

第2話以降も、ドラマの内容や俳優さんたちの熱演もがとても楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次