ジャニーズ記者会見を担当したFTIコンサルティングとは?PR会社を使った事へのSNSの反応を調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ジャニーズ記者会見を担当していたFTIコンサルティングってどんな会社?司会者はあさみ、元NHKの松本和也!

ジャニーズ記者会見にはPR会社が介入しており、話題のNGリストを作ったのはその会社だと話題です。

この会社はFTIコンサルティングという会社です。

FTIコンサルティングがどんな会社か、なぜジャニーズ事務所がコンサル会社に依頼したのか調べてみました。

<この記事でわかること>
●NGリストに関するジャニーズ事務所の言い分
●記者会見を担当していたFTIコンサルティングとは?
●何故、FTIコンサルティングが記者会見を担当したのか?
●1回目の記者会見の司会:FTIコンサルティングのあさみ
●2回目の記者会見の司会:元NHKの松本和也
●松本和也が10月6日に出した声明
●記者会見にPR会社が介入していたことへのSNSの反応

ぜひお読みください!

目次
スポンサーリンク

ジャニーズ記者会見を担当したFTIコンサルティングとは?

10月2日、ジャニーズ事務所の2度目の記者会見で司会者が記者の「NGリスト」を持っていたことが話題になりました。

これに対しジャニーズ事務所は、NGリストはコンサルティング会社が作成したもので、ジャニーズ事務所の関係者は関与していないと言っています。

その時にコンサルティング会社がメディアのリストを持ってこられて、そこにNGと言う文字があったので、井ノ原が、「これどういう意味ですか?絶対当てないとダメですよ」と言いました。その時に会見を委託したコンサルティング会社の方は、では当てるようにします。と答えました。

そのやりとりをその場にいた役員全員が聞いております。
ですから今回流出したと言われている資料は、弊社の関係者は誰も作成に関与しておりませんし、指名をしない記者を決める等も全く行なっておりません。

TBS NEWS DIG 【全文】ジャニーズ会見「NGリスト」 ジャニーズ事務所が声明文を発表「説明責任を果たしていく所存です」

このコンサルティング会社とは「FTIコンサルティング」です。

FTIコンサルティングとは?

FTIコンサルティングとは、アメリカワシントンDCに本社のあるビジネスアドバイザリーの会社です。

<FTIコンサルティング概要>
設立:1982年
創業者:Joseph Reynolds、Daniel Luczak

1982年、「訴訟時の専門家証言や、陪審員に対して複雑な技術的問題を論証する視覚的なプレゼンテーション」を提供する会社として設立されました。

設立当時の名称は「Forensic Technologies International」です。

Forensicの意味はこちらです。

<Forensicの意味>
法廷の、法医学の、弁論の

1998年、名称を「FTIコンサルティング」と変えました。

FTIコンサルティングは買収を繰り返し、海外への進出します。

<FTIコンサルティングの買収>
2002年:事業再編サービスで米国最大のPwCの米国ビジネスリカバリーサービス部門(BRS)を買収
2003年:2003年にはKPMGの紛争解決サービス部門を買収
2006年:ロンドンを拠点とするコミュニケーションコンサルティングファームFinancial Dynamics(FD)を買収
2010年:香港でFS Asia Advisory Limitedを買収する

FTIコンサルティングの日本法人は新宿にあります。

<FTIコンサルティング日本法人>
住所:東京都新宿区新宿3‐1‐24 京王新宿3丁目ビル6階
専務取締役:ケネス・スミス

FTIコンサルティングのサービス内容は多岐にわたりますが、「リスク、紛争、調査、訴訟シナリオ等の分野において専門知識を有する」企業ということです。

スポンサーリンク

ジャニーズ記者会見をFTIコンサルティングが担当した理由は?

ジャニーズ事務所は、なぜFTIコンサルティングに依頼したのでしょうか?

ジャニーズ事務所にも今まで広報を担当していた人物がいるはずです。

その理由は2つ考えられます。

<FTIコンサルティングが記者会見を担当した理由>
①事務所に人材がいない
②本気で信頼回復をしようとしていた
③FTIコンサルティングのリスクマネジメント能力が必要だと感じた。

ジャニーズ事務所は藤島ジュリー氏が辞任し、それに伴い他の重役も退職したと報道されています。

ですので、このような重大な記者会見を仕切ることができる人材がジャニーズ事務所にいなかったのかもしれません。

また今までジャニーズ事務所は強い立場にあり、自分たちの不利な取材にはあまり応えてきませんでした。

そのため今回はジャニーズ事務所は信頼回復のために、自社ではなく外部に依頼したとも考えられます。

FTIコンサルティングを選んだ理由ですが、このコンサルティング会社はリスク、紛争、調査、訴訟などで専門知識と経験を有しています。

ジャニーズ事務所は、この記者会見にはFTIコンサルティングのリスクマネジメント能力が必要だと感じ、依頼しとも考えられます。

また、「Arc Times」で望月衣塑子記者がおっしゃっていましたが、記者会見に登壇した木目田弁護士が所属する西村あさひ弁護士事務所とFTIコンサルティングには繋がりがあるのだそうです。

そういった理由でFTIコンサルティングに依頼したのかもしれません。

FTIコンサルティングの主張「ジャニーズ事務所様は関与していない」

NGリストに関して、FTIコンサルティングが声明を出しました。

<FTIコンサルティングの声明>
●会見の円滑な運営準備のためにFTIコンサルティングが会見準備資料を準備した
●ジャニーズ事務所は作成・共有等の一切に関与していない
●実際の会見では、この資料に関わらず登壇者、司会者の判断で幅広い記者に質問することとしていた

弊社が運営を受託いたしましたジャニーズ事務所様による10月2日の記者会見に関し、会見準備資料が一部報道機関に報道されております。この資料は限られた会場使用時間の中で会見の円滑な運営準備のために弊社が作成し、運営スタッフ間で共有したもので、ジャニーズ事務所様は作成や運営スタッフへの共有を含め一切関与しておりません。なお、実際の会見の進行においては、こうした資料に関わらず、登壇者、司会者の判断のもと、幅広い媒体の記者の皆さまにご質問頂くこととし、貴重なご意見を頂戴したところです。

ライブドアニュース 【速報】「ジャニーズ事務所様は関与しておりません」会見“NGリスト”問題でコンサル会社がコメント

実際に、NGリストの記者の何人が当日質問できたのかなぁ。

1回目のジャニーズ記者会見の司会は「FTIコンサルティングのあさみ」

9月7日のジャニーズ記者会見の司会は、不慣れな様子で「進行が下手」「質問者の話を聞いていない」などの批判が集まっていました。

この時、司会進行を務めたのは「FTIコンサルティングのあさみ」さんです。

あさみさんは、記者会見の冒頭で挨拶をしています。

「FTIコンサルティングの」と言っていますので、FTIコンサルティングの所属の司会者の方であると思われます。

2回目のジャニーズ記者会見の司会は元NHKの松本和也

松本和也さん
松本和也さん

2回目のジャニーズ記者会見の司会は元NHKの松本和也さんが担当しました。

NGリストにあった記者は質問できず、会場内では記者から抗議の声があがりました。

しかし松本和也さんは「公平にやっています」などと発言していました。

<松本和也のプロフィール>
生年月日:1967年4月15日
学歴:灘高校、京都大学経済学部
職歴:NHKに1991年に入社、「NHK紅白歌合戦」や「NHKのど自慢」を務めたが2016年退社

松本和也さんはNHKを退社後はコミュニケーション・コンサルティング事業の「マツモトメソッド」を設立しています。

松本和也さんの声は非常に穏やかで、聞いている人が耳を傾ける力があります。

ジャニーズ事務所は、松本和也さんのその声に着目し起用したでしょうか。

松本和也さんは職務を忠実に実行しただけだと思われますが、元NHKアナウンサーという報道に携わる立場の方が、このような司会進行をされたことは非常に残念です。

松本和也の声明

松本和也さんは10月6日にジャニーズ記者会見についての声明を出しています。

記者会見の司会をしておりました松本です。

これまで、ジャニーズ事務所さまとFTIコンサルティングさまから発表されたコメントで間違いはないのですが、その後の報道や、メールなどでお問い合わせいただくことの多い以下の三点について、私からも具体的にご説明したいと思い、コメントさせていただきます。

PR TIMES 報道機関の皆様へ10月2日の記者会見での司会につきまして

その内容はこちらです。

報道されている「記者の顔写真入りのリスト」は司会のとき持っていたのか?
●会見の30分前に渡された
●記者の座っている場所も伝えられた
●指名の順番など、具体的な指示はなかった

指名はそのリストにそって行ったのか?
●打ち合わせの時に指名NGというやり方はよくないという井ノ原快彦らの発言を聴いていたので、NGリストの通りにはおこなっていない
●リストはないものとして進行していた
●限られた時間で多くの記者に質問してもらうために一社一問を原則としていた
●指名は偏りのないようにしていた(位置、性別、年齢層など)
●大声で質問していた記者に登壇者は答えていたので、一社一問の原則に則り、その後も指名しなかった。

「顔を覚えられなくなってきました」の真意は?
●一社一問なのに、判別しきれなくなったという意味

松本さんは、ジャニーズ側は「どんな厳しい質問に対してもできる限りきちんと答えたいという姿勢」だったと言っています。

そもそも、きちんと答えたいなら2時間という時間と一社一問という制限をかけるべきではなかったと思うのですが、どうなのでしょうか。

スポンサーリンク

記者会見をPR会社(FTIコンサルティング)に担当させたことに対するSNSの反応は?

SNSでは、そもそも記者会見をPR会社、コンサルティング会社に担当させていたことに対し非難の声が上がりました。

また、FTIコンサルティングに対するコメントも多数見られました。

なぜPR会社が担当?

Yahoo!ニュースのコメントも「事務所のやり直しに関する会見で、なぜPR会社を使う必要があったのでしょうか?」といったものが多く見られました。

FTIコンサルティングはどうする?

FTIコンサルティングが今後、会見をするのか、コメントを出すのか、等注目されてます。

FTIコンサルティング…アメリカでは非常に実績のある評価のある会社なんしょうが、やらかしてしまった感が否めないですね。

今後、どうなるのか気になります。

スポンサーリンク

ジャニーズ記者会見を担当したFTIコンサルティングとSNSの反応!のまとめ!

ジャニーズ記者会見を担当したのは「FTIコンサルティング」というアメリカに本社のある会社です。

ジャニーズ事務所は、コンサルティング会社が記者のNGリストを作成したと主張しています。

SNSでは、そもそも釈明会見にPR会社が入っていることがおかしいという意見が多く見られました。

今後のジャニーズ事務所、FTIコンサルティングの動向が注目されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次